FC2ブログ

平城宮跡(へいじょうきゅうせき)

奈良市の平城宮跡に行ってきました。

朱雀門(すざくもん)です。1998年に復原されました。
P5030005_convert_20130504083536.jpg

平城京天平祭が2013年5/3~5/5行われています。
P5030016_convert_20130504083644.jpg
10時に、都の警備を行っていた衛士隊(えじたい)の再現があり、開門されました。

天平行列も行われていました。
P5030037_convert_20130504083827.jpg

今回のねらい目!「平城宮跡ガイドツアー・大極殿地下室の免震構造見学」!
P5030057_convert_20130504084619.jpg
建築後、初めての一般公開とか。

大極殿(だいごくでん)です。2001年から9年の歳月をかけ、2010年に完成しました。
P5030066_convert_20130504093732.jpg
東西44.0m、南北19.5m、高さ27.1m(基壇3.4m含む)です。

大極殿内部の天皇が着座する玉座・高御座(たかみくら)です。
P5030074_convert_20130504093901.jpg

いよいよ、地下室へ。地下室といっても基壇の内部に入ります。
P5030079_convert_20130504093948.jpg

免震構造って、こんなふうになってるんですね!
P5030090_convert_20130504094211.jpg

P5030096_convert_20130504094301.jpg

P5030099_convert_20130504094727.jpg
浮かび上がっている感じです。地震でも建物には振動が伝わらないようになっているそうです。

すごい技術が使われているのを知ると、ちょっぴり誇らしげに建っているように見えます。
P5030104_convert_20130504094847.jpg

この後は、東院庭園や資料館などへ(後日報告)

<平城宮跡(へいじょうきゅうせき)>奈良市佐紀町・法華寺町など
特別史跡、「古都奈良の文化財」として世界遺産登録。(考古遺跡として日本初)710年藤原京から平城京に都が移され、中央北端に政治の中心となる平城宮が造営。約1キロ四方で大極殿や朝堂院などの宮殿のほか天皇の住居である内裏があった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)