FC2ブログ

如意輪寺(にょいりんじ)

奈良県吉野郡吉野町の如意輪寺へ、行ってきました。

IMG_1608_convert_20150921205401.jpg
延喜年間(901~923年)に真言密教の僧・日蔵(にちぞう)により開基したと伝わっています。

石段を上がると山門に着きます。
IMG_1610_convert_20150921205555.jpg
南北朝時代に後醍醐天皇が吉野に行宮(あんぐう、一時的な宮殿)を定めた際に勅願所とされています。

山門を入ると右手にある鐘楼です。
IMG_1654_convert_20150921210100.jpg

鐘楼と山門の間にある「役の行者堂(えんのぎょうじゃどう)」です。
IMG_1613_convert_20150921211756.jpg

山門の正面にある本堂です。
IMG_1612_convert_20150922002133.jpg
1楠木正成が四条畷の戦いの前に鏃(やじり)で辞世の句を刻んだ御堂です。現在の建物は1650年再建で、本尊は如意輪観音像です。

本堂に向かって右手にある不動堂です。
IMG_1615_convert_20150921211546.jpg
あらゆる災難を切ると伝わり、難切不動尊とよばれています。

本堂に向かって左手にある庫裏です。
IMG_1618_convert_20150921211436.jpg

庫裏で受付をすると宝物殿に進むことができます。
IMG_1624_convert_20150921211312.jpg
楠木正成が辞世の句(「かゑらじと かねておもえば梓弓 なき数に入る 名をぞとゞむる 」)を刻んだ扉や金剛蔵王権現木像(鎌倉時代、重要文化財)などが展示されています。

宝物殿の正面にある「楠木公父子の桜井の別れの石像」です。
IMG_1629_convert_20150921212416.jpg
1335年に楠木正成が湊川の決戦に向かう際に、桜井の駅(現在の大阪府三島郡島本町桜井)で長男・正行と今生の別れを告げる様子の石像です。

宝物殿からさらに奥に進むと多宝塔があります。
IMG_1637_convert_20150921211017.jpg
1926年建築です。

庫裏に向かって右手にある後醍醐天皇御霊殿です。
IMG_1646_convert_20150921210839.jpg
後醍醐天皇自作の木像が安置されていて、期間限定で公開されています。
2015年11/1~11/26に特別公開されます。

庫裏に向かって右手の石段を上がると、後醍醐天皇陵があります。
IMG_1653_convert_20150921210534.jpg
1339年に皇位を子・後村上天皇に譲った後、52歳で崩御されています。京都に対する願いを表すために天皇家の陵墓としては唯一北向きとなっています。

後醍醐天皇陵に行く石段の途中にある世泰(よやす)親王陵です。
IMG_1651_convert_20150921210257.jpg
後村上天皇の子(後醍醐天皇の孫)・長慶(ちょうけい)天皇の皇子です。(後醍醐天皇の曾孫)

<如意輪寺(にょいりんじ)>奈良県吉野郡吉野町吉野山1024
如意輪寺 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)