FC2ブログ

吉水(よしみず)神社 前編

奈良県吉野郡吉野町の吉水神社へ、行ってきました。

IMG_1526_convert_20150920164315.jpg
天武天皇の白鳳年間(673~686年)に役小角(えんのおづの=役行者)が創建し、金峯山寺(きんぷさんじ)の僧坊・吉水院(きっすいいん)でした。明治の神仏分離により吉水院が廃され1875年に吉水神社になっています。

鳥居をくぐり坂を下りていくと石標があります。
IMG_1528_convert_20150920171943.jpg
「従是(これより)吉水院」と刻まれています。

参道を進むと左手に祠があります。
IMG_1529_convert_20150920172059.jpg
役小角をまつっているようです。

急な石段を上ると総門に着きます。
IMG_1595_convert_20150920164852.jpg

総門を入ると右手に中千本・上千本が広がります。
IMG_1536_convert_20150920165652.jpg

桜の季節だとこんな感じ。(案内板を撮影したものです)
IMG_1535_convert_20150920165746.jpg
「一目千本」とよばれています。役小角が金峯山寺を開く時、感得した蔵王権現を桜の木に刻んだことから吉野では桜を神木とし、神木の献木で桜の木が植え続けられ、現在では3万本もの桜があるといわれています。

さらに進むと山門があります。
IMG_1538_convert_20150920165605.jpg

山門を入り進むと左手にある吉水院庭園です。
IMG_1592_convert_20150920170931.jpg
1594年に豊臣秀吉が吉野の大花見をした時に、秀吉自らが設計を行った庭園です。

本殿です。
IMG_1548_convert_20150920165951.jpg
祭神は、後醍醐天皇・楠木正成・吉水院宗信法印(きっすいいんそうしんほういん)です。

本殿に向かって右手にある「弁慶の力釘」です。
IMG_1544_convert_20150920165243.jpg
源義経がここの書院にかくまってもらっていると知った源頼朝の追手が来た時に、弁慶がそばにあった釘を2本抜き、全身全霊の力を込め親指で釘を岩に打ち込んだといわれています。

本当に岩に釘が!(丸印内)
IMG_1589(1)_convert_20150920165449.jpg

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)