FC2ブログ

上桂御霊(かみかつら ごりょう)神社

京都市西京区の上桂御霊神社へ行ってきました。

IMG_0003_convert_20150429183956.jpg
創建年代は不詳ですが、往古に当地を開拓した人々が、太田神(田の神)をまつって五穀豊穣を祈ったのが起源とされ、その後、平安時代に御霊信仰が流行し、伊予(いよ)親王を合祀、御霊神社と改めるに至ったと考えられています。

拝殿です。
IMG_0007_convert_20150429184058.jpg

本殿です。祭神は、太田神と伊予親王です。
IMG_0010_convert_20150429184301.jpg
桓武天皇の皇子・伊予親王は、807年に反逆の首謀者として母とともに川原寺(現・奈良県明日香村 弘福寺(ぐふくじ))に幽閉され、絶食した後、毒を飲んで自害します。(後に無実が判明)平城天皇は伊予親王の怨霊に悩まされ、嵯峨天皇に譲位したといわれています。

本殿に向かって左隣にある「照玉の松(てるたまのまつ)」です。
IMG_0012_convert_20150429184432.jpg

「照玉の松」です。
IMG_0013_convert_20150429184505.jpg
開運長寿・難病治癒に御利益があるそうです。

本殿に向かって右手に末社が7社あります。
IMG_0026_convert_20150429184732.jpg
写真左より、三宮神社・三十番神社・談山神社・厳島神社・八幡神社・植松神社・春日神社です。

鳥居と拝殿の間、左手にある北宮です。
IMG_0029_convert_20150429184955.jpg
菅原道真と火雷神(ほのいかづちのかみ)をまつっています。火雷厄除の神徳があり、上桂には大火事が起こらないといわれています。

<上桂御霊神社(かみかつらごりょうじんじゃ)>京都市西京区上桂西居町48

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)