FC2ブログ

興福寺(こうふくじ)その1

奈良市の興福寺へ行ってきました。

IMG_0360_convert_20150418214738.jpg
猿沢池から五十二段とよばれる石段を上がります。善財童子(ぜんざいどうじ)が52人の指導者を訪ね歩き修業を積んだとされ、仏門に入る修行の段階を表しています。

石段を上がり三条通を右に行くと菩提院大御堂の入り口があります。
IMG_0352_convert_20150418220017.jpg
柵がありますが、自由に入ることができます。

菩提院大御堂です。1580年再建です。
IMG_0355_convert_20150418220121.jpg

境内にある「三作石子詰の供養塔」です。
IMG_0358_convert_20150418220202.jpg
小僧がお堂で習字の勉強をしていたところ、鹿が紙を食べ始めます。小僧の一人、三作が文鎮を投げると、鹿の急所に当たり死んでしまいます。鹿は神鹿とされ「鹿を殺したものは石詰の刑に処す」という掟があり、子どもでも許されず鹿とともに生き埋めにされます。母親が供養に努めたところ49日目に観音が現れたといわれています。観音は秘仏として大御堂に安置されています。

境内にある祠です。
IMG_0353_convert_20150418220050.jpg
吒枳尼天(だきにてん)をまつっているようです。

菩提院大御堂から三条通りを渡り興福寺境内へ。
IMG_0192_convert_20150418214830.jpg
大湯屋です。奈良時代から設けられていた寺院の風呂です。1426年頃再建で重要文化財です。内部は非公開です。

本坊表門です。
IMG_0193_convert_20150418214904.jpg
天正年間(1573~1592年)に建立され、1907年に菩提院北側より移築しています。

本坊です。
IMG_0195_convert_20150418214935.jpg

南大門跡から建設中の中金堂(ちゅうこんどう)を。
IMG_0324_convert_20150418215351.jpg
2018年落慶予定です。

その2へ続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)