FC2ブログ

興福寺 中金堂(こうふくじ ちゅうこんどう)再建現場 特別公開 前編

奈良市の興福寺で「中金堂 再建現場 特別公開」があり、行ってきました。

IMG_0189_convert_20150417162216.jpg
興福寺は、669年藤原鎌足夫人の鏡大王が創建した山階寺(やましなでら)を起源とし、710年に鎌足の子・不比等が平城遷都に伴い現在地に移転し興福寺と名付け、実質的な創建年としています。

再建中の中金堂です。写真手前は中門跡の基壇です。
IMG_0334_convert_20150417162446.jpg
中金堂は3棟あった金堂(中金堂、東金堂(とうこんどう)、西金堂(さいこんどう))の中心となる堂で、過去に7度も火災に見舞われ、1717年の焼失以降は再建されていませんでした。2010年から本格的な再建工事が始まっています。

特別公開の券売所です。2015年4/19まで行われています。
IMG_0196(1)_convert_20150417162738.jpg
拝観料は一般1500円ですが、PiTaPaやICOCAなどを提示すると200円の割引があります。

拝観券です。
IMG_0197_convert_20150417162846.jpg
工事現場以外に東金堂や国宝館を拝観することができます。

中金堂1階の側面(東側)部分です。
IMG_0200_convert_20150417162945.jpg

正面に回ると、まず待合所に通されます。
IMG_0203_convert_20150417163351.jpg
クロークも用意されているので、荷物を預けることができます。

中金堂の再建模型(20分の1)が置かれています。
IMG_0216_convert_20150417163711.jpg

再建工事の写真も展示されています。
IMG_0205_convert_20150417163442.jpg

組物(くみもの)の一部分です。奈良時代の様式で造られているそうです。
IMG_0206_convert_20150417163537.jpg
他に、鴟尾(しび)の見本、バーチャルリアリティゴーグルで完成後の中金堂を疑似体験できるコーナーがあります。

いよいよ再建現場へ。
IMG_0309_convert_20150417163304.jpg

急な足場(スロープ)を登って行かないといけません・・。
IMG_0217_convert_20150417163809.jpg
ヒールやサンダル、かかとの無い靴では入場できないので、動きやすい靴で!

後編に続きます。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)