FC2ブログ

東向観音寺(ひがしむかいかんのんじ)

IMG_0085_convert_20150323011113.jpg
京都市上京区の東向観音寺へ行ってきました。

IMG_0077_convert_20150323010434.jpg
806年に桓武天皇の勅命により藤原小黒麿(ふじわらのおぐろまろ)が創建し当初は朝日寺とよばれていました。961年に菅原道真作の十一面観音菩薩像を筑紫観世音寺より請来し観音寺と称しています。元は東向・西向の両堂があったようです。(西向は廃絶)

山門を入って正面にある本堂です。
IMG_0092_convert_20150323010724.jpg
奥に1607年再建の本堂があり、1694年建築の礼堂(写真)を繋いだ複合形式の建物になっています。本尊は十一面観音像(秘仏)で、25年に一度開帳されます。(次回は2027年)

本堂に向かって右手前にある白衣(びゃくえ)観音堂です。
IMG_0090_convert_20150323010931.jpg
安産・子授けに御利益があるとされています。

白衣観音堂に向かって右手前にある延命地蔵です。
IMG_0091_convert_20150323010858.jpg

本堂に向かって左手前にある岩雲(いわくも)弁財天です。
IMG_0086_convert_20150323011027.jpg

本堂に向かって左手にある行者堂です。
IMG_0085_convert_20150323011113.jpg

行者堂の奥にある伴氏廟(ともうじびょう)です。
IMG_0083_convert_20150323011155.jpg
菅原道真の母の御廟と伝わり、元は隣接する北野天満宮三の鳥居西側にあったようです。

伴氏廟の左手にある土蜘蛛塚(写真中央の祠の中にある石)です。
IMG_0081_convert_20150323011530.jpg
土蜘蛛とは先住穴居民族で、大江山の鬼退治で有名な源頼光が退治したといわれています。堀川一条に土蜘蛛が逃げ込んだとされる巨大な石があり蜘蛛塚とされていましたが、明治の開発で取り壊され、出てきた遺物がこの石です。手に入れた人は代々家運が衰退し「土蜘蛛の祟り」といわれ、この地に奉納され、まつられています。

<東向観音寺(ひがしむかいかんのんじ)>京都市上京区今小路通御前通西入上る観音寺門前町863
東向観音寺 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)