FC2ブログ

梅宮大社(うめのみやたいしゃ)その1

京都市右京区の梅宮大社へ行ってきました。

IMG_0002_convert_20150319215850.jpg
奈良時代に橘諸兄(たちばなのもろえ)の母・美千代(みちよ)が山城国(現・京都府綴喜郡井手町付近)に氏神としてまつったのがはじまりで、平安時代に現在地に遷ったと伝えられています。写真は一の鳥居です。

参道を進むと二の鳥居(大鳥居)があります。
IMG_0006(1)_convert_20150319220144.jpg

二の鳥居の先にある随身門(楼門)です。
IMG_0007_convert_20150319220319.jpg
1828年に再建されたものです。

二層部分には奉納された菰樽が!
IMG_0010_convert_20150319221244.jpg
伏見や灘の蔵がほとんどです。

随身門近くの梅は満開のものも。
IMG_0067_convert_20150319220908.jpg

随身門の前にある石碑です。
IMG_0008_convert_20150319221125.jpg
酒造りの祖神である酒解神(さかとけのかみ、大山祇神(おおやまづみのかみ))がまつられています。

随身門の手前、左手にある西梅津神明社があります。
IMG_0012_convert_20150319221504.jpg

西梅津神明社です。
IMG_0015_convert_20150319222204.jpg
伊勢神宮の外宮・内宮と同じように豊受大神(とようけのおおかみ、写真左)・天照大神をまつっています。

随身門を入って左手に奉納された菰樽が並べられています。
IMG_0018_convert_20150319222436.jpg
開運(かいうん)」(静岡県掛川市土井酒造場)、「道灌(どうかん)」(滋賀県草津市太田酒造)などもあります。

その2へ続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)