FC2ブログ

長楽寺(ちょうらくじ)後編

京都市東山区の長楽寺の続きです。

P2061174_convert_20150309171151.jpg
収蔵庫の前にある石段を上がり、小道を進んでくと外史橋があり、道が2手に分かれます。まず橋を渡り奥へと進みます。

市内を一望できる場所があります。
P2061184_convert_20150309171957.jpg
写真手前は円山公園です。

頼山陽の墓です。
P2061180_convert_20150310162501.jpg
江戸後期の歴史家・思想家で「日本外史」の著者です。

「鈍永翁文塚」とありますが、詳細は不明です。
P2061191_convert_20150309173453.jpg

「ふし尾 や那塚」とありますが、こちらも詳細は不明です・・。
P2061188_convert_20150309173323.jpg
他にも、歌人や思想家などの墓がたくさんあります。

外史橋まで戻り、山へ続く小道が尊攘苑への入口です。
P2061200_convert_20150309173756.jpg
尊王攘夷運動が盛んだった水戸藩関係者の墓がたくさんあります。写真は水戸藩家老・大場一真斎の墓です。

水戸藩藩主徳川斉昭の子・徳川昭訓(あきくに)の墓です。
P2061206_convert_20150309174011.jpg
昭訓は、京都御所の守衛を務めますが、16歳で病死しています。

本堂へ向かう石段下にある客殿です。
P2061218_convert_20150309174127.jpg
「双龍舞閣」と名付けられています。

拝観所玄関です。
P2061219_convert_20150309174327.jpg

拝観所玄関前に富岡鉄斎書の手水鉢があります。
P2061245_convert_20150309174908.jpg

拝観所を入ると、室町時代に相阿弥が作庭した庭園を見ることができます。
P2061235_convert_20150309174748.jpg
相阿弥が8代将軍・足利義政の命により銀閣寺の庭を作るときに、試作的に作ったのもと伝えられています。

庭園内を散策することもできます。
P2061227_convert_20150310170546.jpg

庭側から見た拝観所と茶室(写真左)です。
P2061225_convert_20150309174449.jpg

<長楽寺(ちょうらくじ)>京都市東山区八坂鳥居前東入ル円山町626
長楽寺 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)