FC2ブログ

妙心寺 衡梅院(みょうしんじ こうばいいん)

京都市右京区の妙心寺 衡梅院へ行ってきました。

P1110616_convert_20150123212223.jpg
妙心寺の塔頭寺院の1つで、1480年に管領・細川政元が開基し、雪江宗深(せっこうそうしん)が開山しました。普段は非公開ですが、「京の冬の旅 非公開文化財特別公開」で2015年3/8まで拝観できます。

山門を入ると庫裏(写真右)・玄関・方丈が見えます。
P1110656_convert_20150123212555.jpg

玄関を入って左手廊下にある梵鐘です。
P1110623_convert_20150123213000.jpg

玄関を入って左手(東側)にある庭です。
P1110624_convert_20150123212827.jpg

庭の隅にある蹲踞(つくばい)です。
P1110653_convert_20150123213524.jpg
燈籠の上部を逆さまにして置いているものだとか。

茶室・長法庵(ちょうぼうあん)です。
P1110651_convert_20150123213428.jpg
大正時代に南山城から移築されたもので、クスノキの一枚皮が貼られた天井があります。(内部は撮影禁止)

方丈です。
P1110641(1)_convert_20150123214223.jpg
1604年の再建で重要文化財です。雪江禅師像がまつられています。

方丈内部は撮影禁止ですが看板のような障壁画があります。
P1110612_convert_20150124072252.jpg
狩野派の絵師・大岡法限春卜(おおおかほうげんしゅんぼく)が描いた龍虎羅漢図です。

方丈の額です。
P1110638_convert_20150123213652.jpg
「四河一源(しかいちげん)」の四河は、雪江禅師の4人の弟子で妙心寺4派の開祖、景川宗隆(けいせんそうりゅう、龍泉派)・悟渓宗頓(ごけいそうとん、東海派)・特芳禅傑(とくほうぜんけつ、霊雲派)・東陽英朝(とうようえいちょう、聖澤派)を、一源は雪江禅師を意味しています。

方丈前庭で、「四河一源の庭」とよばれています。
P1110635_convert_20150123214349.jpg

<妙心寺 衡梅院(みょうしんじ こうばいいん)>京都市右京区花園妙心寺町
妙心寺 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)