FC2ブログ

西国七福神めぐり その6 中山寺(なかやまでら)前編

阪急沿線「西国七福神めぐり」の続きです。

P1030660(1)_convert_20150108181922.jpg
聖徳太子が創建したと伝わる日本で最初の観音霊場で、西国33カ所霊場の第24番札所になっています。「安産の寺」としても名高く、豊臣秀吉はここで祈願して秀頼を授かったそうです。写真は1646年再建の山門(大門)です。

塔頭が立ち並ぶ参道を進み、石段を上がると左手に手水舎・鐘楼堂があります。
P1030684_convert_20150108184328.jpg

参道を少し進み左手にある閻魔(えんま)堂です。
P1030665_convert_20150108182628.jpg

閻魔堂に向かって左手奥にある寿老神堂です。
P1030662(1)_convert_20150108182210.jpg
七福神・寿老神がまつられています。

寿老神堂の奥にある大黒堂です。
P1030663(1)_convert_20150108182447.jpg

大黒堂に向かって右手には白鳥塚(はくちょうづか)古墳があります。
P1030664_convert_20150108182535.jpg
中山寺古墳ともよばれています。7世紀頃の古墳と考えられ、横穴式石室と家形石棺があります。

閻魔堂から参道をはさんで反対側にある五百羅漢堂です。
P1030683(1)_convert_20150108184253.jpg

エスカレーターが併設された石段を上がると正面に本堂があります。
P1030667(1)_convert_20150108182946.jpg
1603年に豊臣秀頼の命により片桐且元(かつもと)が再建したものです。本尊は十一面観音立像(平安時代作、重要文化財)です。秘仏で毎月18日のみ開扉されます。

本堂に向かって右手にある護摩堂(写真左)と開山堂です。
P1030668(1)_convert_20150108183144.jpg

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)