FC2ブログ

西国七福神めぐり その4 瀧安寺(りゅうあんじ)

阪急沿線「西国七福神めぐり」の続きです。

西江寺(さいこうじ)から徒歩10分ほどで瀧安寺に着きます。
P1030715_convert_20150106222123.jpg
658年に役行者(えんのぎょうじゃ 円小角)が、箕面滝の下に堂を建て弁財天をまつり、箕面寺と称したのが始まりと伝えられています。

石鳥居をくぐり参道を進むと山門に着きます。
P1030718_convert_20150106222804.jpg
1809年に光格天皇が京都御所から移築したものです。

山門を入り左手にある手水舎です。
P1030719_convert_20150106222943.jpg
屋根には雪が残っています。

参道右手には、瑞雲橋、鳳凰閣(写真左奥)などが見えます。
P1030721_convert_20150106223034.jpg
鳳凰閣は1917年建築で登録有形文化財ですが、非公開です。

参道正面には2002年に再建された観音堂があります。
P1030723(1)_convert_20150106224437.jpg
中央に、如意輪観音坐像(平安時代、重要文化財)がまつられています。

観音堂に向かって右脇を進むと本堂へ続く石段が見えます。
P1030744_convert_20150106224617.jpg

鳥居をくぐると護摩壇があり、奥には小さな祠があります。
P1030726_convert_20150107000613.jpg
祠に何がまつられているのかは未確認です・・。

護摩壇の左手にある石段をあがると行者堂の拝殿があります。
P1030742_convert_20150106224730.jpg

拝殿の奥にある行者堂の奥殿です。
P1030741_convert_20150106224820.jpg
神社の拝殿・本殿のような形になっています。役行者や不動明王などがまつられています。

さらに参道を進むと弁財天の額がかかる鳥居があります。
P1030739_convert_20150106224922.jpg

1656年に後水尾上皇の勅命で建てられた本堂(弁天堂)拝殿です。
P1030738_convert_20150106225017.jpg
拝殿の奥に奥殿があります。本尊は、弁財天尊像です。秘仏で60年に1度だけ開帳されるそうです。

本堂に向かって左手にある大黒天堂です。
P1030729_convert_20150106225118.jpg
大黒天や恵比寿天がまつられています。

大黒天堂に向かって右手に祠が並んでいます。
P1030731_convert_20150106225202.jpg
写真左から、白龍大明神社、箕面山神社、熊野三所権現社です。

いただいた参拝印と「ミニ七福神人形」です
P1050605_convert_20150106230933.jpg

その5へ続きます。

<瀧安寺(りゅうあんじ)>大阪府箕面市箕面公園2-23
瀧安寺 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)