FC2ブログ

生石(おうしこ)神社

兵庫県高砂市の生石神社へ行ってきました。

P1150420_convert_20150102173858.jpg
崇神天皇の時代、西暦97年に疫病が流行したとき、夢のお告げにより創建したと伝わっています。

鳥居をくぐると急な石段が続き割拝殿があります。
P1150400_convert_20150102173944.jpg
こちらの拝殿は、現在は休憩所になっています。

拝殿の奥にもう一つ割拝殿があります。
P1150401_convert_20150102174155.jpg

本殿です。
P1150419_convert_20150102174559.jpg
主祭神は、大穴牟遅命(おおなむじのみこと)・少毘古那命(すくなびこなのみこと)です。

本殿の奥に御神体である「浮石(うきいし)」があります。
P1150404_convert_20150102174853.jpg
幅6.4m、高さ5.7m、奥行7.2mの巨石で、岩盤の下が大きくくぼんで池になっていて浮いているように見えます。宮城県・塩竃(しおがま)神社の塩釜、宮崎県・霧島神宮の天の逆鉾(あまのさかほこ)と並んで、日本三奇(さんき)の1つです。

石の宮殿が横たわっているようにも見えます。
P1150406_convert_20150102182103.jpg
大穴牟遅命と少毘古那命が一夜にして宮殿を作ろうとしましたが、阿賀(あが)の神が反乱を起こし鎮圧に手間取って未完のままになっているとも伝えられ、「石の宝殿(ほうでん)」ともよばれています。

本殿に向かって右手にある霊岩です。
P1150414_convert_20150102174633.jpg
全身の力を込めて押すと神様の力を授かり願いがかなうそうです。

霊岩の右手には、境内にあった末社がまとめられています。
P1150415_convert_20150102174705.jpg

霊岩と末社の間に岩を削って作ったような石段が!
P1150416_convert_20150102174727.jpg
手すりもなくて怖いですが、登ってみます。

本殿と浮石を見下ろすことができます。
P1150417_convert_20150102175008.jpg

後から気づいたのですが、本殿に向かって左手に登り口がありました。
P1150412_convert_20150102175145.jpg
こちらから、登ることをお勧めします。

<生石神社(おうしこじんじゃ)>兵庫県高砂市阿弥陀町生石171
生石神社 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)