FC2ブログ

百萬遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)前編

京都市左京区の百萬遍知恩寺へ行ってきました。

PA270374_convert_20141121223916.jpg
もとは、比叡山功徳院の里坊で、平安時代前期に円仁(えんにん)が創建したものと伝えられています。賀茂社との関わりがあり神宮寺として、「賀茂のかわら屋」・「今出川釈迦堂」などとよばれていたそうです。法然が一時期住んだ後、弟子の源智(げんち)が住持となり念仏道場となっています。開山を法然、開基を源智としています。

総門です。
PA270372_convert_20141121223831.jpg
1331年に京都で大地震が起こったり、疫病が流行した際に、第8世空円(くうえん)が7日間、阿弥陀仏の念仏を百萬遍称えたことから、後醍醐天皇より「百萬遍」の寺号と大念誦を下賜されています。

総門から見た御影堂(本堂)です。
PA270375_convert_20141121223956.jpg

総門を入ると左手にある祠です。
PA270436_convert_20141121225514.jpg
石灯籠に吉祥前と記されています。

参道左手にある阿弥陀堂です。
PA270430_convert_20141121225428.jpg
1811年建立です。

参道右手にある釈迦堂です。
PA270419_convert_20141121225110.jpg
1664年建立です。

釈迦堂の前にある仏足石です。
PA270420_convert_20141121225214.jpg

釈迦堂の前にある覆屋の中に阿弥陀経石があります。
PA270416_convert_20141121224954.jpg

阿弥陀経石です。
PA270415_convert_20141121224920.jpg
全国に3基しかなく、彫られている阿弥陀経の全文は、現在拝読している阿弥陀経より21字多いもので、1714年に建てられたものだそうです。

参道をさらに進むと、左手に鐘楼があります。
PA270380_convert_20141121224122.jpg

梵鐘です。
PA270383_convert_20141121224313.jpg
元禄年間(1688~1704年)に鋳られたものだそうです。

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)