FC2ブログ

大坂の陣400年天下一祭 櫓(やぐら)特別公開 前編

大阪市中央区の大坂城で、「大坂の陣400年天下一祭 櫓特別公開」が行われ、行ってきました。

PB160606_convert_20141118144359.jpg
1614年10~12月の「大坂冬の陣」から400年の節目を迎え、たくさんのイベントが実施されています。
大坂の陣400年天下一祭 公式ページ

イベントの1つとして、櫓が特別公開されました。
PB160605_convert_20141118144426.jpg
豊臣秀吉が築いた大坂城は全て地中に埋められ、現在の石垣などは1620~1629年にかけて徳川幕府により再築されています。

1928年建築の一番櫓です。
PB160607_convert_20141118144450.jpg
石垣を登ろうとする敵を撃退する石落としも設けられています。

内部の様子です。
PB160623_convert_20141118153733.jpg
1963~1965年に行われた解体修理後、初めての一般公開だそうです。50年近くも公開されていなかったのですね・・。

内部からの風景です。
PB160616_convert_20141118145239.jpg

金銀を置いていた金蔵(きんぞう)です。
PB160639_convert_20141118153912.jpg
1751年にこの場所から南へ延びていた長屋状の建物を切断改造して築造され、重要文化財です。

小窓は土の扉と鉄格子で二重構造になっています。
PB160650_convert_20141118154108.jpg
床下の通気口にも鉄格子がはめられています。

内部の様子です。
PB160642_convert_20141118154019.jpg
床下はすべて石敷きです。さすが、防犯には工夫が見られます。

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)