FC2ブログ

服部天神宮(はっとりてんじんぐう)

大阪市豊中市の服部天神宮へ行ってきました。

PA180408_convert_20141107083127.jpg
朝鮮から機織りの技術を伝えた秦氏(はたうじ)が、412年に織部司(おりべのつかさ)に任ぜられ、この地を本拠とした際に少彦名命(すくなひこなのみこと)をまつったのが始まりとされています。

石鳥居です。
PA180409_convert_20141107083418.jpg

参道進むと右手にある手水舎です。
PA180425_convert_20141107083949.jpg

手水舎の奥にある「ぞうり堂」には奉納されたぞうりがいっぱい!
PA180420_convert_20141107083831.jpg
菅原道真が大宰府へ左遷される途中、この地で脚気に悩まされ動くことができなくなります。村人の勧めで少彦名命をまつる祠に詣で平癒祈願したところ、健康を取り戻し任地にたどり着けたと伝えられていることから「足の神様」として崇敬されています。

1952年に造営された拝殿です。
PA180412_convert_20141107083506.jpg
祭神は、少彦名命と菅原道真です。

拝殿に向かって左隣にある豊中えびす神社です。
PA180430_convert_20141107084228.jpg

豊中えびす神社です。
PA180429_convert_20141107084119.jpg
足の守護は「おあし(お金)の守護」に通ずるとして1950年に創建しています。

拝殿の手前、右手にある豊中稲荷神社です。
PA180413_convert_20141107083605.jpg

豊中稲荷神社です。
PA180415_convert_20141107083731.jpg

手水舎の右隣にある祖霊社・招魂社です。
PA180432_convert_20141107084310.jpg

写真左端が招魂社、右端が祖霊社です。
PA180440_convert_20141107084410.jpg
中央は藤原魚名(ふじわらのうおな)の墓です。藤原鎌足の曾孫だそうです。

奉納された菰樽が置かれています。
PA180423_convert_20141107083911.jpg
浪花正宗(なにわまさむね)」(大阪府阪南市浪花酒造)・「日本盛(にほんさかり)」(兵庫県西宮市日本盛)などです。

鳥居を入ってすぐ右手にある祠です。
PA180442_convert_20141107084531.jpg
何がまつられているのかは未確認です。

<服部天神宮(はっとりてんじんぐう)>大阪府豊中市服部元町1-2-17
服部天神宮 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)