FC2ブログ

新日吉(いまひえ)神宮

京都市東山区の新日吉神宮へ行ってきました。

PA100459_convert_20141103113939.jpg
1160年に後白河上皇が、法住寺(京都市東山区)の鎮守社として日吉神(滋賀県大津市日吉大社)を勧請し創建しました。1615年、豊国廟の破却に伴い旧廟前に移り、1897年に現在地に移転しています。

楼門です。
PA100462_convert_20141103114050.jpg

拝殿です。
PA100464_convert_20141103114148.jpg

拝殿の右手奥にある旧社標です。
PA100470_convert_20141103114301.jpg
「新日吉神社」とあります。1958年に後白河天皇の御神霊を合祀し、1959年に「新日吉神宮」に社名変更しています。

拝殿と本殿の間に安置されている神猿です。
PA100472_convert_20141103114355.jpg
日吉神の使いとされ、信者の災禍を去るという不思議な力を持ち、真猿(魔去る、勝る)ともいわれています。

本殿前の拝所です。
PA100476_convert_20141103114641.jpg
祭神は、大山咋命(おおやまくいのみこと)・大己貴命(おおむなくちのみこと)などです。

本殿前の向拝柱(ごはいはしら)には、扇を持つ神猿がいます。
PA100479_convert_20141103120536.jpg
残念ながら写真ではわかりにくいです。公式ページに正面からの写真が掲載されています。

本殿に向かって左手にある飛梅天満宮です。
PA100477_convert_20141103114721.jpg

本殿に向かって右手にある豊国社です。
PA100480_convert_20141103114843.jpg
元の名は、樹下社(このもとのやしろ)で、豊国廟が破却された後、密かに豊臣秀吉をまつっていました。

豊国神社の右隣にある愛宕・秋葉社です。
PA100481_convert_20141103115752.jpg

本殿の裏手にある御神木・スダジイです。
PA100486_convert_20141103115922.jpg
ブナ科シイ属の広葉樹で、江戸時代以前から現存していたと推定されています。

境内にある元京都市午砲台座です。
PA100493_convert_20141103120022.jpg

こんな感じで午砲(ごほう)があったそうです。
PA100491_convert_20141103120704.jpg
午砲は時刻を知らせる空砲で、正午に撃っていたそうです。

境内入り口、鳥居の左手にある山口稲荷社です。
PA100494_convert_20141103120210.jpg

<新日吉神宮(いまひえじんぐう)>京都府京都市東山区妙法院前側町451-1

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)