FC2ブログ

酒蔵訪問 小林(こばやし)酒造 その1

北海道夕張郡栗山町の小林酒造へ行ってきました。

P8190892_convert_20140830165410.jpg
1878年に札幌で創業し、1901年に現在地に移転しています。代表銘柄は「北の錦(きたのにしき)」です。

本社事務所です。大きな杉玉が吊るされています。
P8190890_convert_20140830170007.jpg

レンガ造りの建物がたくさんあります。
P8190889_convert_20140830165932.jpg
敷地は1万坪もあるそうで、18もの蔵があります。

駐車場後方にあるレンガ造りの建物です。
P8190791(1)_convert_20140830163056.jpg
旧社宅だったそうですが、現在はトイレになっています。右端は杜氏が住み込んでいた部屋で、現在は展示室になっています。

酒蔵の入り口です。
P8190793_convert_20140830163236.jpg

小林酒店の歴史の紹介や商品が展示されています。
P8190899_convert_20140830165636.jpg

旧資材庫(写真左)と二番蔵(写真右奥)です。
P8190894_convert_20140830165838.jpg
映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地にもなったそうです。

旧資材庫内部です。1920年建築です。
P8190896_convert_20140830165755.jpg
酒造りの道具などが展示されています。

二番蔵の入り口です。1921年建築で、扉は3重になっています。
P8190837_convert_20140830170531.jpg
夏でも冷房無しで15度以下の室温を保つことができるそうです。

特別に中を見せていただきました。
P8190838_convert_20140830164712.jpg
酒蔵見学も可能ですが、10名以上で5日前までに予約が必要です。

隣りの建物(一番庫と聞いたような・・)も見せていただきました。
P8190845_convert_20140830165003.jpg

建物内からガラス越しに見た蔵です。
P8190849_convert_20140831003912.jpg
写真左は1900年建築で木骨石造の四番蔵、写真右は1921年建築の三番蔵です。三番蔵は吟醸酒を貯蔵するため、蔵の半分は冷蔵庫になっているそうです。

二番蔵入口正面に置かれているボイラーです。
P8190842_convert_20140830164815.jpg
1927年に完成し、1955年まで使用していたそうです。石炭を燃やして蒸気を発生させていて、正式には「横置多管型蒸気汽缶」というそうです。

その2に続きます。

【日本酒○×クイズ】正解は次回に発表します。
<前回の問題>本醸造酒は、アル添酒である。
<前回の解答>○ 白米重量の10%以下の醸造アルコールが加えられている。

<今回の問題>普通酒は、アル添酒である。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)