FC2ブログ

西大寺(さいだいじ) 前編

奈良市の西大寺へ行ってきました。

P7021277_convert_20140713220404.jpg
764年の恵美押勝(えみのおしかつ、藤原仲麻呂)の乱の後、称徳天皇が鎮護国家と平和祈願のために四天王像の造立を発願してまつったのが始まりとされています。写真は南門です。

南門から見た境内の様子です。
P7021276_convert_20140713220505.jpg
東の東大寺に対して西の西大寺と称され、奈良時代には南都七大寺の1つに数えられる大寺院でした。

南門から進むと、左手にある鐘楼です。
P7021264_convert_20140713220035.jpg
17世紀頃の建立で、幕末~明治初期に兵庫県川西市の多田神社から移築されたものです。

東塔跡です。奈良時代に高さ約46mの東西両塔が建立されました。
P7021242_convert_20140713215051.jpg
両塔とも平安時代に焼失、東塔は鎌倉時代に再建されましたが、1502年に焼失しました。

創建当初、8角7重の塔が計画され8角の基壇が作られました。
P7021265_convert_20140713220146.jpg
その後、4角の基壇に改められ建立されました。残っている基壇は創建当初のもので、周囲の8角の敷石は、最初に作られた8角基壇の跡です。

本堂です。室町時代の堂が傷んだため、1808年頃建立されたものです。(重要文化財)
P7021235_convert_20140713214803.jpg
本尊は、釈迦如来立像(鎌倉時代作、重要文化財)です。文殊菩薩像(鎌倉時代作、重要文化財)も安置されています。

東塔跡の西側にある愛染堂です。
P7021246_convert_20140713215136.jpg
京都御所の近衛家政所御殿を1762年に移築したもので、桃山時代建立と考えられています。愛染明王坐像(鎌倉時代作、重要文化財)がまつられています。(秘仏で毎年10~11月頃に公開)

愛染堂に向かって左手にある光明殿です。
P7021247_convert_20140713215241.jpg
大茶盛はここで行われます。光明殿の裏手辺りに西塔跡があると思われます。

本堂の西側にある大黒堂です。
P7021241_convert_20140713214950.jpg
大黒天坐像(室町時代作)が安置されています。

大黒堂に向かって右手奥にある本坊・書院です。
P7021240_convert_20140713214914.jpg

愛染堂に向かって左手にある大師堂です。
P7021249_convert_20140713215431.jpg

大師堂に向かって左手にある興正菩薩堂です。
P7021250_convert_20140713215509.jpg

後編に続きます。

【日本酒○×クイズ】正解は次回に発表します。
<前回の問題>玄米1キロでおよそ1升瓶2本の純米酒が造られる。
<前回の解答>× 1升瓶の約9割(約1600ml) 

<今回の問題>三段仕込みとは、酒母に「麹・蒸米・水」を3回に分けて加えることをいう。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)