FC2ブログ

京の冬の旅 霊鑑寺(れいかんじ)

第47回京の冬の旅、最後に訪れたのは、パンフレットの表紙になっていた霊鑑寺です。
P3210002_convert_20130321103252.jpg

門前です。
P3170379_convert_20130321103443.jpg

表門をくぐると受付があります。梅がきれいに咲いています。
P3170339_convert_20130321103923.jpg
奥に見える門をくぐるとすぐに日光椿(じっこうつばき)の木があります。

少し咲いていましたが、木の高いところにあるので、よく見えません・・。
P3170374_convert_20130321104306.jpg
受付に飾られていました!赤色のものが日光椿です。

書院(手前)です。内部はもちろん撮影禁止です。
P3170372_convert_20130321104222.jpg
1675年に造営された後西天皇の院御所の御殿を移築したものです。パンフ表紙は、ここの上段の間です。

池泉観賞式の庭園です。
P3170347_convert_20130321104045.jpg

江戸幕府11代将軍・徳川家斉が寄進し、1803年に再建された本堂です。
P3170352_convert_20130321114640.jpg
本尊は如意輪観音像で、霊鑑(鏡)を持っています。寺の名の由来だとか。

境内のあちらこちらに椿が植えられています。
P3170357_convert_20130321114206.jpg

つくばいに置かれた椿がきれいです。
P3170365_convert_20130321114432.jpg
2013年4/1~4/14に特別公開が予定されています。椿の見ごろは、いつでしょうね?

<霊鑑寺(れいがんじ)>京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町12
後水尾天皇の皇女・多利宮(たりのみや)を開基として創建され、1890年まで皇族女性が歴代住持の尼門跡寺院。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)