FC2ブログ

坐摩(いかすり)神社 後編

大阪市中央区の坐摩神社の続きです。

P6090723_convert_20140613234044.jpg
境内南西隅にある稲荷神社です。

稲荷神社に向かって左隣にある火防陶器(ひぶせとうき)神社です。
P6090718_convert_20140613233819.jpg
昔、陶磁器の梱包の際には、わらを使っていたため、火事にならないよう火の神様が必要だったことからまつられました。

燈籠も陶器で作られています。
P6090720_convert_20140613233920.jpg

掲示されている由緒も陶器に!
P6090719_convert_20140613233943.jpg
毎年7月に「せともの祭」が開催されます。(7/21~7/23)

境内にある「上方落語寄席発祥の地」の石碑です。
P6090713_convert_20140613233735.jpg
江戸時代末期、初代桂文治が境内に小屋を開設し、本格的に活動し始めたことによるそうです。

「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」も近づいてきました。
P6090696_convert_20140613232859.jpg
犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事です。

大阪市中央区石町にある坐摩神社行宮(あんぐう、御旅所)です。
P6090784_convert_20140613234309.jpg
府立労働センターの東側にあります。

大阪城が築城されるまで、ここに坐摩神社がありました。
P6090785_convert_20140613234344.jpg
写真は、拝殿です。

豊磐間戸(とよいわまど)・奇磐間戸(くしいわまど)神社がです。
P6090787_convert_20140613234420.jpg

神功皇后が休息された鎮座石があるのですが、カバーで覆われています。
P6090789_convert_20140613234511.jpg

すき間から覗くと何となく見えます・・。
P6090790_convert_20140613234546.jpg

いただいた由緒略記です。
P6090794_convert_20140613234635.jpg

<坐摩神社(いかすりじんじゃ)>大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3号
坐摩神社 公式ページ

【日本酒○×クイズ】正解は次回に発表します。
<前回の問題>兵庫県西宮市の宮水は、鉄分が多く含まれ酒造りに適している。
<前回の解答>× リン含有量が多く鉄分は少ない。(鉄分は酒の色や味の仕上がりを損なう)

<今回の問題>アルコール分が25度の清酒もある。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)