FC2ブログ

釈迦院(しゃかいん)

大阪府池田市の釈迦院へ行ってきました。

P5180713_convert_20140531123838.jpg
神功皇后が新羅からの凱旋帰国の際に、釈迦の仏舎利を納めた多羅宝鉢(たらほうばち)を持ち帰りますが、仏教が広まっていないため、散逸をおそれ鉢塚に隠します。724年に行基(ぎょうき)が霊夢をみて、この仏舎利を掘りあて、聖武天皇の勅により鉢多羅山若王子釈迦院(はちたらさん にゃくおうじ しゃかいん)を開基しました。

山門は修復工事が行われています。
P5180710_convert_20140531141135.jpg

参道を進むと、左手に鐘楼堂があります。
P5180685_convert_20140531135609.jpg

梵鐘です。1632年の銘があり、池田市で最も古いものの一つです。
P5180700_convert_20140531140747.jpg

さらに進むと右手に庭園、正面に庫裏が見えます。
P5180686_convert_2014053<br />1140314.jpg

庭園の横の石段を上がると本堂に着きます。
P5180697_convert_20140531140113.jpg

本堂です。写真左端に見えるのは護摩堂です。
P5180696_convert_20140531140704.jpg
本尊は、釈迦如来坐像です。

護摩堂です。
P5180689_convert_20140531140412.jpg

本堂の前にある仏足石です。
P5180692_convert_20140531140440.jpg

本堂に向かって右手にある宝篋印塔(ほうきょういんとう)です。
P5180694_convert_20140531140521.jpg
1299年の銘が刻まれていて、国の重要美術品に指定されています。

参道の途中にある石段を上がると、右手に虚空蔵堂があります。
P5180707_convert_20140531141011.jpg

石段を上がった正面に厄神殿があります。
P5180705_convert_20140531140900.jpg

厄神明王(やくじんみょうおう)がまつられています。
P5180706_convert_20140531140939.jpg
通称・尊鉢厄神(そんぱちやくじん)として親しまれています。

<釈迦院(しゃかいん)>大阪府池田市鉢塚3-4-6
釈迦院 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)