FC2ブログ

妙心寺 退蔵院(みょうしんじ たいぞういん)前編

京都市右京区の妙心寺 退蔵院へ行ってきました。

P5130901_convert_20140523142352.jpg
妙心寺は1342年に花園法皇が開基し関山慧玄(かんざんえげん)を開山として迎えたのに始まります。退蔵院は46ある塔頭の1つで1404年に建立された山内屈指の古刹です。写真は山門(薬医門)です。

山門を入ると、テッセンが咲いています。
P5130911_convert_20140523142458.jpg

大玄関です。「袴腰(はかまごし)の大玄関」とよばれています。
P5130961_convert_20140523142651.jpg
破風の曲線が直線になっていて、袴の腰のようになっているところから名付けられたそうで、重要文化財です。

1597年に再建の方丈(本堂)で、重要文化財です。
P5130914_convert_20140523142817.jpg
本尊は、観音菩薩像です。

国宝・瓢鮎図(ひょうねんず)を所蔵していて、模本が方丈前におかれています。
P5130964(1)_convert_20140523151118.jpg
室町幕府4代将軍・足利義持の命で、如拙(じょせつ)が描いた水墨画です。瓢箪でナマズをいかに捕えるかという禅の公案(修行のための問題)で、上部に京都五山の高僧31人の回答が並んでします。(写真は門前の看板を撮影したものです)

方丈に向かって左側にある「元信(もとのぶ)の庭」です。
P5130954_convert_20140523143005.jpg
室町期の画聖・狩野元信が作庭した枯山水の庭園で、史跡名勝になっています。

方丈前を折り返し、余香苑(よこうえん)に向かいます。
P5130946_convert_20140523164549.jpg

後編へ続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)