FC2ブログ

二条城(にじょうじょう) 前編

京都市中京区の二条城へ行ってきました。

P4200564_convert_20140507212102.jpg
1601年に徳川将軍上洛時の居館として、徳川家康が西日本の諸大名に築城の普請を課し、1603年に完成しました。写真は東大手門(重要文化財)です。

古都京都の文化財として、世界遺産に登録されています。
P4200680_convert_20140507220538.jpg
写真は、東南隅櫓(すみやぐら、重要文化財)です。

東大手門を入って右手にある番所(1663年建築)です。
P4200570_convert_20140507212336.jpg
幕府から派遣された「二条在番」とよばれる武士たちが宿直・警備しました。

唐門(からもん、重要文化財)です。
P4200574_convert_20140507212419.jpg
唐門から左右に続く築地も重要文化財です。

唐門を入ると正面にある二の丸御殿(国宝)です。
P4200578(1)_convert_20140507213010.jpg
写真右が車寄(くるまよせ)、その奥が遠侍(とおざむらい)です。

二の丸御殿は6棟からなっています。(内部は撮影禁止です)
P4200588_convert_20140507213147.jpg
写真右奥が遠侍、中央が式台(しきだい)、左が大広間です。

大広間(写真右)から蘇鉄の間(そてつのま)、黒書院(写真奥)と続きます。
P4200591_convert_20140507232018.jpg
1867年の大政奉還は、大広間で発表されました。

黒書院から続く白書院です。
P4200600_convert_20140507232111.jpg
二の丸御殿は、部屋数33、畳は800畳あまり敷かれ、障壁画1016面は重要文化財です。

二の丸庭園(特別名勝)です。
P4200596_convert_20140507213432.jpg
小堀遠州の作と伝えられています。

二の丸庭園入口に置かれている釣鐘です。
P4200580_convert_20140507213058.jpg
幕末の政変の時期に、二条城と京都所司代の連絡に使われたものです。

後編に続きます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)