FC2ブログ

伝香寺(でんこうじ)

奈良市の伝香寺へ行ってきました。

P4110347_convert_20140418172445.jpg
771年に鑑真の弟子・思託(したく)によって実円寺として開基されました。写真は、16世紀後半建築の表門です。

1585年に戦国大名・筒井順慶の菩提を弔うため母・芳秀(ほうしゅん)尼が再興し伝香寺に改めました。
P4110301_convert_20140418172821.jpg
写真は中門です。椿の開花時期のみ開けられています。(通常時の拝観は要予約)

中門を入ってすぐにある手水鉢には、椿の花が。
P4110302_convert_20140418172917.jpg

写真左手前が弁天堂で、その奥に筒井家の五輪塔が見えます。
P4110342_convert_20140418181746.jpg
道の右側中ほどに、芳秀尼の墓塔があります。

桜の花びらのように散る椿で、潔さから武士(もののふ)椿といわれています。
P4110326_convert_20140418173816.jpg
芳秀尼が供えた椿が存続(3代目)しているそうです。

「散り椿」ともいわれています。
P4110306_convert_20140418183741.jpg
白毫(びゃくごう)寺の五色椿、東大寺の糊こぼし椿とともに奈良三名椿の1つです。

本堂前のモチの木です。
P4110317_convert_20140418173552.jpg

1585年建立の本堂で、重要文化財です。
P4110308_convert_20140418173328.jpg
本尊は釈迦如来坐像(1585年宗貞作)です。

本堂に向かって左手にある地蔵堂です。
P4110310_convert_20140418173917.jpg
鎌倉時代作で重要文化財の地蔵菩薩立像が安置されています。裸形像に実際の衣と袈裟を着用させた像で、修理の際に十一面観音小像などの像内納入品(重要文化財)が見つかりました。

本堂に向かって右手にある順慶堂です。
P4110338_convert_20140418184056.jpg
1983年に筒井家の子孫により筒井順慶座像と御堂が造立されました。

本堂と地蔵堂の間に立つ由留木(ゆるぎ)地蔵です。
P4110320_convert_20140418173645.jpg
1515年の刻銘があります。

いただいた栞です。
P4180563_convert_20140418212044.jpg

<伝香寺(でんこうじ)>奈良市小川町24
伝香寺(伝香寺学園)公式ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)