FC2ブログ

東大寺修二会(とうだいじ しゅにえ)

奈良に春を呼ぶ行事とされる東大寺二月堂の「お水取り」を見に行ってきました。
正式には修二会といい、本尊・十一面観音に罪過を懺悔して除災招福を祈る、悔過(けか)という儀式で、2013年で1262回目を数えます。

二月堂(1669年再建、国宝)です。
莠梧怦蝣・_convert_20130311214458
3/1~3/14まで、ここで修二会本行が行われます。

19時、大鐘が撞かれ、それを合図に「お松明」が始まります。
P1000377_convert_20130311210510.jpg
長さ約6m、重さ60キロの松明を担いで石段を登っていきます。

松明はこんな感じです。
P1000438_convert_20130311211523.jpg
松明は通常10本、3/12は、ひと回り大きい籠松明が11本あがります。

舞台を駆け抜けていきます。
P1000388_convert_20130311210927.jpg
P1000432_convert_20130311211429.jpg

飛び散った火の粉を浴びれば無病息災と言われています
P1000396_convert_20130311211100.jpg

お松明が終わった後、参拝しました。
P1000441_convert_20130311211654.jpg

夜の二月堂は幻想的です。
P1000444_convert_20130311211737.jpg

<東大寺修二会(とうだいじしゅにえ)>
752年、東大寺開山の良弁(ろうべん)の高弟・実忠(じっちゅう)が始めたといわれる。以来、毎年絶えることなく続けられている。前年の12/16に修二会をつとめる練行衆とよばれる11人の僧侶が発表され2/20から別火とよばれる前行に入る。3/12深夜(3/13午前1時半頃)、閼伽井屋(あかいや)の香水(こうずい)が汲み上げられて本尊に供えられる。
東大寺修二会のページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)