FC2ブログ

青岸渡寺(せいがんとじ)

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の青岸渡寺へ行ってきました。

P3061312_convert_20140401164805.jpg
4世紀頃、裸形上人(らぎょうしょうにん)によって開基されたと伝えられています。

隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場でした。
P3061308_convert_20140401165847.jpg
1868年の神仏分離令で、熊野本宮大社・熊野速玉大社の仏堂は全て廃されましたが、熊野那智大社では如意輪堂が破却を免れ、後に信者の手で青岸渡寺として復興しました。写真は、熊野那智大社との境にある門です。

鐘楼です。梵鐘は1324年に鋳造されたものです。
P3061299_convert_20140401165231.jpg

本堂前にある手洗鉢です。水源は那智大滝です。
P3061309_convert_20140401165954.jpg

本堂(如意輪堂)です。1590年に豊臣秀吉により再建され重要文化財です。
P3061302_convert_20140401165730.jpg
本尊は、如意輪観音菩薩で西国33カ所霊場第1番札所です。

本堂に向かって右手にある水子堂です。
P3061301_convert_20140401165506.jpg

水子堂の右手にある石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)です。
P3061300_convert_20140401165338.jpg
1322年の刻銘があり、重要文化財です。

大黒天堂(如法堂)です。
P3061338_convert_20140401170309.jpg

本堂前のタブノキです。樹齢約700年だそうです。
P3061335_convert_20140401170622.jpg

尊勝院です。宿坊になっています。
P3061336_convert_20140401170505.jpg
中世以降は天皇や皇族が熊野詣する際の宿泊所にあてられていました。

三重塔と那智滝です。三重塔は1972年に約400年ぶりに再建されました。
P3061342_convert_20140401165120.jpg
那智滝は落差133mで、一段の滝としては落差日本一です。

<青岸渡寺(せいがんとじ)>和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)