FC2ブログ

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の熊野那智大社へ行ってきました。

P3061314_convert_20140331123253.jpg
熊野三山の一つです。初代天皇の神武天皇が熊野灘から那智の海岸に上陸した際、那智の山に光が輝くのを見て大滝を探り当て、神としてまつったといわれています。写真は一の鳥居です。

317年に那智の滝から現在地に移したといわれています。
P3061329_convert_20140331143437.jpg
「蟻(あり)の熊野詣」といわれるほど沢山の人が熊野を目指します。写真は二の鳥居です。

二の鳥居をくぐって右手に手水舎・拝殿があります。
P3061328_convert_20140331160321.jpg

拝殿です。奥に、向かって右から滝宮(第一殿)・証誠殿(第二殿)・中御前(第三殿)・西御前(第四殿)・若宮(第五殿)が並んでいます。
P3061321_convert_20140331143218.jpg
第4殿が本殿で、祭神は熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)です。

拝殿に向かって左手にある八社殿(第6殿)です。(写真中央右)
P3061332_convert_20140331143557.jpg
写真左は、御県彦社(みあがたひこしゃ)です。

御県彦社の左隣りにある宝物殿です。
P3061322_convert_20140331143257.jpg
「那智山熊野権現参詣宮曼荼羅」(室町時代)などが展示されています。

拝殿に向かって右手の樟霊社です。
P3061319_convert_20140331143015.jpg

樹齢800年の御神木で、幹の一部が空洞になっています。
P3061320_convert_20140331143056.jpg
胎内くぐりといって、この空洞をくぐると無病息災の御利益があるそうです。

奉納された菰樽がたくさん置かれています。(クリックで拡大できます)
P3061325_convert_20140331143403.jpg

境内からの風景です。
P3061333_convert_20140331143657.jpg

授与所で頂いた「熊野牛王符(くまのごおうふ)」です。
P3081212_convert_20140331181344.jpg
烏を用いて描かれ(烏文字)、「那智瀧宝印」と記されています。

<熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)>和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
熊野那智大社 公式ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)