FC2ブログ

西宮(にしのみや)神社 後編

兵庫県西宮市の西宮神社の続きです。

P2091224_convert_20140220180338.jpg
拝殿です。全国に約3500社ある、えびす神社の総本社です。

本殿です。1663年4代将軍徳川家綱寄進の国宝だった本殿は1945年に空襲で焼失し1961年に再建されました。
P2091225_convert_20140222115831.jpg
祭神は、向かって右から第1殿で蛭子大神、第2殿は天照大御神・大国主大神、第3殿は須佐之男大神です。

本殿の西側にある火産霊(ひぶすび)神社です。
P2091226_convert_20140220180419.jpg

火産霊神社に向かって左隣にある百太夫(ひゃくだゆう)神社(写真右)と六甲山(ろっこうざん)神社です。
P2091233_convert_20140220180602.jpg

六甲山神社に向かって左隣にある大国主西(おおくにぬしにし)神社です。
P2091229_convert_20140220180458.jpg

神明(しんめい)神社です。稲荷神を合祀しています。
P2091237_convert_20140220180654.jpg

松尾(まつお)神社です。
P2091242_convert_20140220180826.jpg
1790年に地元の酒造家一同によって建てられました。

おかめ茶屋の横に架かる嘉永橋(かえいばし)です。
P2091248(1)_convert_20140220181039.jpg
国の登録有形文化財です。

神池の中にある市杵島(いちきしま)神社です。
P2091251_convert_20140220181226.jpg
江戸時代に描かれた絵図には弁財天と記されているそうです。

同じく神池の中にある宇賀魂(うがのみたま)神社です。
P2091253_convert_20140220181256.jpg
室町時代以前から、この地にまつられていたと記録されています。

神池に架かり、拝殿正面に位置する瑞寶橋(ずいほうばし)です。
P2091257_convert_20140220181456.jpg
1907年に「白鷹」の初代・辰馬悦蔵が奉納、3代目辰馬悦蔵が1922年に改修しました。

横から見た瑞寶橋です。
P2091262_convert_20140220181405.jpg
国の登録有形文化財です。

<西宮神社(にしのみやじんじゃ)>兵庫県西宮市社家町1-17
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)