FC2ブログ

當麻寺(たいまでら)

大倉本家をあとに、當麻寺へ向かいます。

二上山(にじょうさん)がきれいに見えます。1500万年前頃に大噴火した火山です。
P1160412_convert_20130305185104.jpg

仁王門(東大門)です。
P1160413_convert_20130305185149.jpg

鐘楼です。梵鐘は、日本最古で白鳳時代のものです。
P1160415_convert_20130305185234.jpg

本堂(曼荼羅堂、平安時代、国宝)です。
P1160360_convert_20130306161619.jpg
綴織(つづれおり)當麻曼荼羅図(奈良時代、国宝)は非公開で、室町時代の写本(重要文化財)がまつられています。當麻曼荼羅厨子(奈良時代、国宝)、須弥壇(鎌倉時代、国宝)など文化財がいっぱいです。

金堂(鎌倉時代、重要文化財)です。
P1160368_convert_20130306162709.jpg
弥勒菩薩坐像(白鳳時代、国宝)や四天王立像(白鳳時代ほか、重要文化財)など、こちらにも文化財がいっぱいです。

金堂前にある石灯籠(白鳳時代、重要文化財)です。
P1160367_convert_20130306161923.jpg

講堂(鎌倉時代、重要文化財)です。
P1160426_convert_20130305185427.jpg
阿弥陀如来坐像や地蔵菩薩坐像(ともに平安時代、重要文化財)など、こちらもに文化財満載!

東塔(奈良時代、国宝)です。
P1160435_convert_20130305185543.jpg

西南院(さいないん)と西塔(奈良時代、国宝)です。
P1160443_convert_20130305185651.jpg

西南院本堂です。
P1160459_convert_20130305185958.jpg
十一面観音立像、聖観音立像、千手観音立像(いずれも平安時代、重要文化財)が安置されています。

西南院の展望台からは、東西両塔がきれいに見えます。(手前が西塔)
P1160449_convert_20130305185754.jpg

西南院の庭園です。
P1160451_convert_20130306170156.jpg

奥ノ院の楼門(江戸時代、重要文化財)です。
P1160465_convert_20130305190212.jpg

伽藍から少し離れた場所にある薬師堂(室町時代、重要文化財)
P1160476_convert_20130306171057.jpg

非公開の綴織當麻曼荼羅図が30年ぶりに公開されます。
P1160709_convert_20130306172327.jpg
2013年4/6~6/2奈良国立博物館です。これは行かねば!

<當麻寺(たいまでら)>奈良県葛城市當麻1263
612年用明天皇の皇子・麻呂子王が兄・聖徳太子の教えを受けて建てた万法蔵院(まんぽうぞういん)に始まり、孫の當麻国見が役行者ゆかりの現在地に移し當麻寺に改める。1000年以上続く、當麻寺25菩薩来迎会は5/14中将姫の命日に行われる。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)