FC2ブログ

石光寺(せっこうじ)

「酒蔵みてある記 大倉本家」に行く途中に寄った、関西花の寺20番霊場「石光寺」です。
P1160322_convert_20130305190632.jpg

本堂です。
P1160347_convert_20130305191346.jpg
本尊は、阿弥陀如来坐像です。

弥勒堂です。蝋梅がきれいに咲いていました。
P1160342_convert_20130306001826.jpg

中将姫が曼荼羅を織るときに、蓮糸(はすいと)を染めたという「染の井」と「糸かけ桜」です。
P1160343_convert_20130305191212.jpg

さすが花の寺、ボタンの寺で有名ですが、それ以外の時期でも!
P1160332_convert_20130305190813.jpg

P1160333_convert_20130305190848.jpg

P1160339_convert_20130305191047.jpg

P1160336_convert_20130305191015.jpg
梅は、少し早目でした。(2013/3/2撮影)

<石光寺(せっこうじ)>奈良県葛城市染野387
670年頃に、この地に光を放つ三大石があり、掘ると弥勒三尊の石像が現れた。勅願により、円小角(えんのおづね、役行者)が堂宇を建立し石光寺と称したのがおこり。境内の発掘調査で、白鳳文化の建物遺構や石仏などが出土。現在の堂宇は江戸時代建立。
石光寺公式ページ

石光寺の近くにある中将姫の墓塔です。
P1160352_convert_20130306003754.jpg
中央の三重塔は平安時代の作で高さ156cm、右の十三重塔は鎌倉時代の作で高さ285cm。
中将姫解説ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)