FC2ブログ

帯解寺(おびとけでら)

奈良市の帯解寺へ行ってきました。

P1111252_convert_20140115001846.jpg
元は霊松庵といい、文徳天皇の皇后・染殿(そめどの、藤原明子)が春日明神のお告げにより、勅使を立てて「帯解子安地蔵菩薩」に祈ったところ懐妊し、惟仁(これひと)親王(のちの清和天皇)が生まれました。858年勅願により伽藍を建立し、寺号を帯解寺と定めたといわれています。写真は江戸時代初期建立の山門です。

徳川秀忠に世継ぎがなく、正室・お江の方が本尊に祈願し家光が誕生します。
P1111255_convert_20140115002016.jpg
家光にも世継ぎがなく、側室お楽の方が同様に祈願し、家綱が誕生します。写真は1663年に家綱が寄進した手水鉢です。

最近では、美智子皇后や雅子皇太子妃、秋篠宮などの皇族が安産祈願を行っています。
P1111263_convert_20140115095049.jpg
写真は梵鐘堂です。

1858年再建の本堂です。本尊は、地蔵菩薩像(鎌倉時代作)で重要文化財です。
P1111256_convert_20140115002118.jpg
腹前に裳の上端の布や結び紐が表されているところから「腹帯地蔵」といわれ、安産祈願の信仰をあつめています。

本堂の脇に菰樽を発見!
P1111261_convert_20140115002353.jpg
酒造場が近くにある「豊祝(ほうしゅく)」(奈良市奈良豊澤酒造)です。

本堂と書院の間にある庭園です。
P1111265_convert_20140115002517.jpg

波切不動堂です。
P1111258_convert_20140115002252.jpg

稲荷社です。
P1111257_convert_20140115002209.jpg

<帯解寺(おびとけでら)>奈良市今市町734
帯解寺 公式ページ

帯解寺から南へ徒歩5分の場所にある龍象寺(りゅうぞうじ)です。
P1111248_convert_20140115095302.jpg
730年聖武天皇の勅願で行基が創建したとされています。

本堂です。本尊は、地蔵菩薩です。
P1111250_convert_20140115095349.jpg
こちらも、安産子授けの寺と信仰があります。

<龍象寺(りゅうぞうじ)>奈良市柴屋町177
龍象寺 公式ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)