FC2ブログ

神戸三宮をぶらり 相楽園(そうらくえん)

神戸三宮周辺を歩いてきました。相楽園へ向かいます。

正門です。ここから中に入ります。
P1160197_convert_20130303000451.jpg
小寺邸の時代からある総ケヤキ作りの門です。こんな門があるお宅には、ビビッてしまって訪問できないですね・・。でも、ピンポン・ダッシュはしてみたいかも・・!

蘇鉄(そてつ)がすごいです。
P1160200_convert_20130303000705.jpg

旧小寺家厩舎(1910年頃建築、重要文化財)です。
P1160204_convert_20130303000810.jpg
小寺家の邸宅は1945年神戸大空襲で焼失してしまっています。

旧ハッサム住宅(1902年頃建築、重要文化財)です。
P1160216_convert_20130303001050.jpg
イギリス貿易商のハッサムが自邸として建てたもので、もとは北野町にあったものを神戸市が寄贈を受け、1963年に移築したものです。内部は、2013年春に公開されるようです。

衝撃の看板が!
P1160213_convert_20130303001125.jpg

樹齢500年と伝わる大クスノキです。
P1160217_convert_20130303001215.jpg
1567年荒木村重が花隈城の鬼門除けとして植えたと伝えられています。

池泉回遊式の日本庭園があります。
P1160218_convert_20130303001309.jpg

池の向こうに見えるのは、茶室の浣心亭(かんしんてい)です。
P1160223_convert_20130303001420.jpg

船屋形(江戸時代、重要文化財)です。
P1160226_convert_20130303001548.jpg
P1160233_convert_20130303001619.jpg
姫路藩主が河川での遊覧用に使っていた川御座船(かわござぶね)の屋形部分を陸上げされたもので、1980年に移築されました。現存する川御座船としては国内で唯一のものです。

白松(はくしょう)という樹皮が白色になるマツの木がありました。
P1160238_convert_20130303001745.jpg
<相楽園(そうらくえん)
もと神戸市長小寺健吉の父・泰次郎が1885年頃、指定として築造に着手し、明治時代の末期に完成したもの。1941年に神戸市に譲渡され、中国の古書「易経」の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)」からとって相楽園と名付けられ、一般に公開。敷地面積19566㎡。
相楽園公式ページ

相楽園を出て元町に向かう途中に、兵庫県公館があります。
P1160247_convert_20130303001910.jpg
迎賓館は土曜日のみ開館、2階は県政資料館になっていて入館(日・祝は休館)できます。


せっかく神戸に来たので、帰りに「へべれ家」へ!
P1160256_convert_20130303002049.jpg
無濾過純米 開運」(静岡県掛川市土井酒造場)
<データー>無濾過純米生原酒、山田錦100%、精米歩合55%、アルコール分17~18度

マスターが嬉しそうに持ってきました!
P1160259_convert_20130303002145.jpg
陸奥八仙 どぶろっく」(青森県八戸市八戸酒造)
<データー>純米活性にごり酒、精米歩合69%、アルコール分16度

今回は歩き疲れていたので1時間で切り上げ!ホタルイカをあてに灘酒で仕上げ。
P1160264_convert_20130303002251.jpg
純米生酒 道灌 兵庫フクノハナ六割磨き原酒」(神戸市東灘区太田酒造千代田蔵)
<データー>純米生原酒、フクノハナ100%、精米歩合60%、アルコール分17~17.9度


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)