fc2ブログ

八十積椋(やそつみくら)神社

京都府・大阪府・兵庫県などで「まん延防止等重点措置」が実施中です。感染防止に向けた取り組みを続けていきましょう。
以前に訪問して紹介できていない寺社・飲食店などを紹介します。

三重県三重郡川越町の八十積椋神社。
s-DSC_5576.jpg
創建の詳細は不明ですが、927年にまとめられた延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)に記載がある古社です。1569年に織田信長の兵により焼失しますが、1617年に桑名藩城主・松平定勝が復興したと伝えられています。写真は一の鳥居です。

一の鳥居から参道を進むと二の鳥居があります。
s-DSC_5577.jpg

二の鳥居から境内に入って進むと左手に三の鳥居があります。
s-DSC_5579.jpg

三の鳥居から参道を進むと左手に手水舎があります。
s-DSC_5581.jpg

手水舎付近から見た境内の様子です。
s-DSC_5584.jpg

参道正面にある拝殿です。
s-DSC_5585.jpg
2021年6月に建て替えられたものです。

拝殿の扁額です。
s-DSC_5589.jpg

拝殿の背後には中門があり、奥に本殿があります。
s-DSC_5588.jpg
祭神は、豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)で、天津児屋根命(あまつこやねのみこと)を配祀しています。

拝殿に向かって左手に境内社があります。
s-DSC_5586.jpg

境内社です。
s-DSC_5587.jpg
何がまつられているのかは未確認です・・。

手水舎の近くにある神馬舎です。
s-DSC_5582.jpg

三の鳥居に向かって左手にある合祀記念碑です。
s-DSC_5593.jpg
1908年に近隣の神明社・八幡神社を合祀しているようです。

参道右手にある社務所です。
s-DSC_5590.jpg

<八十積椋神社(やそつみくらじんじゃ)>三重県三重郡川越町豊田180
近鉄川越富洲原駅西口から徒歩約3分


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)