fc2ブログ

専修寺(せんじゅじ) その3

大阪府などは「緊急事態宣言」が発令されています。感染対策を徹底しましょう。
以前に訪問して紹介できていない寺社・飲食店などを紹介します。

三重県津市の専修寺の続きです。
s-DSC_2239.jpg
如来堂に向かって左隣にある太子堂です。聖徳太子幼年像をまつっています。

太子堂の手前にある仏足石です。
s-DSC_2240.jpg

太子堂に向かって左手、境内西端に御廟(ごびょう)があります。
s-DSC_2253.jpg
1672年に浄土宗の開祖・親鸞の御歯骨5粒を納めて造られた廟です。写真は御廟唐門で1861年建築で重要文化財です。

御廟唐門から左右に延びる透塀(すきべい)です。
s-DSC_2255.jpg
1861年建築で重要文化財です。檜皮葺(ひわだぶき)の屋根の下が細手の菱格子で中が透けて見えるようになっています。

御廟唐門の奥にある御廟拝堂(ごびょうはいどう)です。
s-DSC_2260.jpg
1858年建築と考えられ、重要文化財です。

御廟拝堂の背後に石橋が続き、奥に御廟があります。
s-DSC_2262.jpg
中央に御廟があり、御廟を取り囲むように歴代上人の墓が並んでいます。

御廟です。
s-DSC_2266.jpg

御廟唐門に向かって右手から奥に進むと庭園が見えます。
s-DSC_2271.jpg
如来堂・御影堂の背後に広がる庭園で、ほとんど石組を作らず自然の美をそのままに生かし、雲幽園(うんゆうえん)と名付けられています。庭園内に茶席・安楽庵(あんらく)があり、事前予約すると見学が可能です。

さらの奥に進むと納骨堂があります。
s-DSC_2269.jpg

太子堂の手前、左手にある進納所です。
s-DSC_2237.jpg

進納所に向かって左隣ある第二納骨堂です。
s-DSC_2234.jpg

その4に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)