FC2ブログ

葛城一言主(かつらぎひとことぬし)神社

奈良県御所市の葛城一言主神社へ行ってきました。

PB271898_convert_20131206232054.jpg
一の鳥居です。願い事を一言だけ聞いてくれる「一言(いちごん)」さんとして親しまれています。

二の鳥居です。
PB271899_convert_20131206232300.jpg

参道が続きます。
PB271901_convert_20131206232353.jpg

石段の手前にある祓戸社です。
PB271903_convert_20131206232510.jpg

拝殿です。祭神は、一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)と雄略天皇です。
PB271905_convert_20131206232650.jpg
雄略天皇が葛城山で狩りをした時に現れた神様として日本書紀や古事記に登場します。

拝殿に向かって左手にある祓戸社です。
PB271910_convert_20131206233030.jpg

拝殿右手奥にある八幡社・神功皇后社(写真右)と住吉社です。
PB271924_convert_20131206233726.jpg

写真左より、市杵島(いちきしま)社、天満社、上の写真の住吉社と続きます。
PB271919_convert_20131206233630.jpg

一言稲荷神社です。
PB271918_convert_20131206233129.jpg

御神木の樹齢1200年の銀杏です。
PB271906_convert_20131206232839.jpg

太い幹の途中から乳房のようなものが出ていて乳銀杏(ちちいちょう)と呼ばれています。
PB271908_convert_20131206232935.jpg
この木に祈願すると子どもを授かりお乳がよく出ると伝えられています。

ここの境内にも蜘蛛塚があります。
PB271925_convert_20131206233829.jpg
神武天皇との戦いに敗れた先住民を埋めたといわれています。

亀石です。
PB271928_convert_20131206233930.jpg
役行者が災いをもたらす蛇を封じるためにのせた石だとか。

<葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)>奈良県御所市森脇432
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)