FC2ブログ

上宮天満宮(じょうぐうてんまんぐう) その2

大阪府高槻市の上宮天満宮の続きです。

s-DSC_0307.jpg
参道正面にある拝殿です。高槻藩永井家初代藩主・永井直清によって1656年に建築されたものです。中央が通路になている割拝殿です。

拝殿を抜けて進むと本殿拝所があります。
s-DSC_0311.jpg

本殿です。
s-DSC_0328.jpg
1590年に豊臣秀吉が造営したと伝えられた本殿が1996年に放火で焼失し、2002年に再建されたものです。柱・壁・屋根のほとんどの部材は敷地内で採取した竹を使って造られ「竹の本殿」とよばれています。

別の角度から見た本殿です。
s-DSC_0334.jpg
祭神は、武日照命(たけひなてるのみこと)・野見宿禰命(のみのすくねのみこと)・菅原道真命の3柱です。

本殿前には奉納された菰樽が。
s-DSC_0314_2021031010084784b.jpg
旭日(きょくじつ)」(滋賀県愛知郡愛荘町藤居本家)・「白真弓(しろまゆみ)」(岐阜県飛騨市蒲(かば)酒造場)です。

同じく、奉納された菰樽です。
s-DSC_0312_20210310100845eb8.jpg
やんちゃ酒」(岐阜県飛騨市蒲酒造場)です。

本殿手前、左手にある狛犬です。
s-DSC_0316_20210310100848740.jpg
1759年作で高槻市内最古のものです。

本殿に向かって左手奥に四社殿があります。
s-DSC_0318.jpg
写真左より、日吉社・金比羅社・稲荷社・荒神社がまつられています。

四社殿に向かって右手、本殿裏にある守護天神(動物神社)です。
s-DSC_0323.jpg
本殿造営の際に敷地の山林を整備した際に、捨てられたと思われる野良猫が多く住み着いて、猫をはじめ犬・小鳥などペットを守りまつる神社として建立されています。

守護天神に奉納された猫の像です。
s-DSC_0324_20210310100853483.jpg

本殿に向かって右手にある春日社です。
s-DSC_0329_20210310111314d39.jpg

春日社に向かって右手に厳島神社があります。
s-DSC_0332_202103101114486b6.jpg

厳島神社です。
s-DSC_0333_20210310111449880.jpg

その3に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)