FC2ブログ

大神(おおみわ)神社 摂社・末社巡り

奈良県桜井市の大神神社の摂社・末社を巡ります。

PB141921_convert_20131117205000.jpg
大鳥居の南に鎮座する摂社・綱越(つなこし)神社です。祭神は、祓戸大神(はらえどのおおかみ)です。

二の鳥居の北に鎮座する摂社・大直禰子(おおたたねこ)神社です。
PB141984_convert_20131117205621.jpg
祭神は、大直禰子命(おおたたねこのみこと)です。

明治の神仏分離以前は、大神神社の神宮寺・大御輪寺(だいごりんじ)の本堂でした。
PB141986_convert_20131117205722.jpg
重要文化財で、聖林寺(奈良県桜井市)の十一面観音像(国宝)がまつられていました。

大直禰子神社の東に鎮座する摂社・久延彦神社(くえひこじんじゃ)です。
PB141993_convert_20131117211032.jpg
祭神は、久延毘古命(くえんびこのみこと)です。

「古事記」に世の中の事をことごとく知っている智恵の神と記されています。
PB141996_convert_20131117211159.jpg

久延彦神社から東に続く展望台からの風景です。
PB142003_convert_20131118002118.jpg
写真左の低い山は畝傍(うねび)山、中央は耳成山です。右端に大鳥居が見えます。

大神神社拝殿の北に鎮座する摂社・磐座(いわくら)神社です。
PB142068_convert_20131117215814.jpg
社殿はなく、岩(磐座)を神座として少彦名神(すくなひこなのかみ)をまつっています。

磐座神社の北に鎮座する摂社・狭井(さい)神社です。
PB142085(1)_convert_20131117222303.jpg
祭神は、大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)です。

鳥居をくぐって左手にある末社・市杵嶋姫(いちきしまひめ)神社です。
PB142084_convert_20131117221546.jpg
祭神は、市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)です。

狭井神社・拝殿です。
PB142072_convert_20131117221022.jpg
病気平癒の神として信仰されています。

境内に万病に効くという薬水が湧き出る井戸があります。
PB142074_convert_20131117221152.jpg

ご神体の三輪山への登拝口があります。
PB142076_convert_20131117221404.jpg
狭井神社へ申込みお祓いを受けると入山できます。(山での写真撮影は禁止です)

狭井神社から山の辺の道を進みます。
PB142121_convert_20131117222918.jpg
日本書紀にも記述があり、日本最古の道といわれています。

末社の貴船(きふね)神社です。祭神は、淤加美神(おかみのかみ)です。
PB142089_convert_20131117222426.jpg

狭井神社から徒歩20分ほどで摂社・檜原(ひばら)神社に着きます。
PB142128_convert_20131117222747.jpg
天照大神をはじめて宮中の外にまつった「笠縫邑(かさぬいむら)」の地であると伝えられ、元伊勢の一つになっています。

大神神社と同じく三輪山をご神体とし、三輪山に向かって三ツ鳥居が立っています。
PB142123_convert_20131117222554.jpg
祭神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。

三ツ鳥居に向かって左隣に末社・豊鍬入姫宮(とよすきいりひめのみや)があります。
PB142125_convert_20131117222658.jpg
祭神は、豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)です。

<大神神社(おおみわじんじゃ)>奈良県桜井市三輪1422
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)