FC2ブログ

赤穂へ 花岳寺(かがくじ)

赤穂へ行ってきました。新西国霊場31番花岳寺へ向かいます。

JR赤穂駅前には大石内蔵助像が。討ち入りの采配をふるっている様子でしょうね。
P1150470_convert_20130226150158.jpg

旧赤穂上水道モニュメントです。
P1150471_convert_20130226150415.jpg
7km離れた千種川の水を取水し、導水路を引いて城内に配水したもので、日本三大上水道の一つです。1616年には完備していたようです。

こんな看板があると、すぐ反応してしまいます・・。
P1150475_convert_20130226150505.jpg
「乙女」や「忠臣蔵」は赤穂市坂越にある奥藤商事が醸している日本酒です。

花岳寺山門です。赤穂城の塩屋惣門を移築したものです。
P1150476_convert_20130226150554.jpg

手水舎に水琴窟がありました。
P1150480_convert_20130226151020.jpg

手水舎の隣にある鐘楼。
P1150479_convert_20130226150851.jpg
赤穂義士が切腹したとの報が届いたときに、民衆が死を悼み、鐘を撞きまくって鳴らなくなって「鳴らずの鐘」とよばれています。

本堂です。蝋梅が咲いていました。
P1150528_convert_20130226150928.jpg

本堂天井に描かれている「竹に虎」。
P1150485_convert_20130226151102.jpg
天井画は法橋義信筆。横額の書は細井広沢筆。

境内には赤穂義士の墓があります。
P1150489_convert_20130226151223.jpg
中央に浅野内匠頭長矩公、向かって右が大石内蔵助、左が大石主税の墓です。 そして周囲に45人の墓があります。

浅野家三代の墓もあります。下の写真は、藩祖・浅野長直の墓です。
P1150507_convert_20130226192023.jpg

<花岳寺(かがくじ)>兵庫県赤穂市加里屋1992
1645年浅野長直によって浅野家の菩提寺として建立。赤穂浪士37回忌にあたる1739年、境内に有志により義士墓が建立された。ここには遺髪が納められているとされる。
花岳寺公式ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)