FC2ブログ

京の冬の旅 仁和寺(にんなじ)

京の冬の旅で25年ぶりの公開となった仁和寺五重塔初層。
個人的には塔が好きなので、ここだけは外せない!

二王門(におうもん、江戸時代、重要文化財)です。
P1150795_convert_20130225135659.jpg
高さ18.7mで、知恩院の三門、南禅寺の山門とあわせて京都の三大門とよばれています。門正面の左右に阿吽の二王像、後面には唐獅子像が安置されています。

中門(ちゅうもん、江戸時代、重要文化財)です。
P1150798_convert_20130225135807.jpg

中門をくぐると、左手に御室桜(おむろざくら、名勝)が広がります。
P1150800_convert_20130225140059.jpg
遅咲きの桜で、今年の見ごろはいつになるか?(昨年は4/18~4/20が満開)

出た!五重塔!(1644年建立、重要文化財)
P1150803_convert_20130225140251.jpg
高さ約36m、上層から下層にかけて各層の屋根の大きさがほぼ同じで、スリムに見えます。必殺仕事人や鬼平犯科帳など多くの時代劇に登場しています。

扉が開けられていて、内部を拝観することはできますが、中へは入れませんでした。
P1150805_convert_20130225140330.jpg

柱や壁面、天井は鮮やかな色彩が残っていますが、もちろん撮影禁止です。(パンフレットを撮影)
P1160116_convert_20130225145723.jpg

続いて金堂(桃山時代、国宝)へ。
P1150807_convert_20130225140958.jpg
特別公開で、堂内に入って拝観することができます。京都御所の紫宸殿を江戸時代に移築したもので、現存最古の紫宸殿の遺構と伝えられています。本尊の阿弥陀三尊が安置されています。

金堂の屋根に何やら?
P1150811_convert_20130225141140.jpg
亀に乗った黄石公(こうせきこう)という仙人だそうです。亀は3000~4000年に一度、水面に顔出すといわれ、黄石公はその亀を3~4回見たそうで、永遠の象徴として安置されているそうです。

仁和寺には、経蔵・御影堂・鐘楼など重要文化財や見どころが多数あるのですが、時間切れでここまででした・・。桜の時期に、あらためて来てみようと思っています。

<仁和寺(にんなじ)>京都市右京区御室大内33
真言宗御室派総本山、世界文化遺産に登録された名刹。888年光孝天皇の遺志を継いで宇多天皇が造営完成し、年号にちなんで仁和寺と称した。以来明治維新まで、約1000年にわたり代々皇室から住職を迎えたわが国初の門跡寺院。
仁和寺公式ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)