FC2ブログ

菩提酛清酒祭(ぼだいもとせいしゅさい) その3

奈良市の正暦寺(しょうりゃくじ)で開催された「菩提酛清酒祭」の続きです。

s-DSC02100.jpg
作業中は、菩提酛造りについて説明が行われています。説明を行っているのは奈良県御所市の油長(ゆうちょう)酒造・13代山本長兵衛さん。2019年9月に代々伝わる当主の名前「長兵衛」を引き継いでいます。

桶に移していた乳酸酸性の「そやし水」を酒母タンクに戻します。
s-DSC02196.jpg
「そやし水」を仕込水に使うのが菩提酛の特徴です。

酒母を造るのに使う麹です。
s-DSC02206.jpg

麹を酒母タンクに投入。
s-DSC02216.jpg

ようやく冷めた蒸米を運びます。
s-DSC02222.jpg

蒸米を酒母タンクに投入。
s-DSC02224.jpg
この後、正暦寺菩提酛酵母を投入して櫂入れ。菩提酛(酒母)が無事に出来上がる祈祷が行われます。室温や品温を管理し2020年1月下旬に完成予定、出来上がった菩提酛を各蔵(8蔵)が持ち帰り醸造します。

境内では菩提酛の酒の販売が行われています。
s-DSC02120.jpg

試飲コーナーもあります。
s-DSC02110.jpg

その4に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)