FC2ブログ

第14回 阪急蔵元まつり

大阪市北区の阪急うめだ本店の阪急うめだホールで、「第14回 阪急蔵元まつり」が開催され、行ってきました。

s-DSC01646.jpg
定期的に開催されていて、今年は9月に続き2度目です。入場は無料で、今回は全国から45蔵が参加し試飲販売しています。

毎回、特集コーナーがあります。
s-DSC01714_20191210100731232.jpg
今回は、「女性が醸す、奥深い味わい」がテーマで、女性が蔵元または杜氏の8蔵がクローズアップされていました。

酒談義ブースもあります。
s-DSC01713_20191210100307b51.jpg
事前申し込みで申し込み多数の場合は抽選になります。

運よく参加させていただきました。
s-DSC01696_20191210100259b90.jpg
酒談義を行うゲストは、きき酒師で野菜ソムリエプロの川添智未(かわぞえともみ)さん。日本酒の歴史や醸造過程、酒の成分と味わいなど幅広い内容の談義でした。

談義の途中ではテイスティングタイムも。
s-DSC01697_20191210100301c94.jpg
酒と柿の種との飲み合わせ。

酒はこの2種。
s-DSC01710.jpg
写真左より
桂月(けいげつ)相川誉 山廃純米酒」(高知県土佐郡土佐町土佐酒造)
<データー>純米酒、吟の夢、精米歩合58%、アルコール分15度
南部初雪(なんぶはつゆき)発泡にごり生酒」( 岩手県紫波郡紫波町廣田酒造店)
<データー>特別純米生酒、ひとめぼれ、精米歩合60%、アルコール分15度

柿の種はこの2種。
s-DSC01704.jpg
写真左より
「柿の種プレミアム タネビッツ 天ぷら海鮮旨味塩仕立て」
「柿の種プレミアム タネビッツ クラックピーナッツ 白トリュフ塩仕立て」

終了後は、お土産に今回食べた柿の種を頂きました。
s-DSC01708.jpg

会場で気になった酒。千葉県いすみ市木戸泉酒造。
s-DSC01718.jpg
木戸泉(きどいずみ)AFS Stratae(アフス ストレーター)
<データー>純米酒、アルコール分12度
※天然の乳酸菌を用い高温で酒母を仕込む高温山廃酛を一段仕込みを貴醸酒で仕上げた酒。

<第14回 阪急蔵元まつり>2019年12/6~12/8 阪急うめだホール(大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店9F)
阪急・阪神・大阪メトロ梅田駅、JR大阪駅南口から徒歩約1分


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)