FC2ブログ

招德(しょうとく)蔵開き 2019 その1

京都市伏見区の招德酒造で「招德 蔵開き 2019」が開催され、行ってきました。

s-DSC00048_201910190958099e9.jpg
招德酒造は1645年に洛中にて創業、大正時代中期に現在地に移転しています。代表銘柄は、「招德(しょうとく)」・「花洛(からく)」です。毎年3月と10月に蔵開きを実施していますが、今回は台風の影響を考えて2日間順延し、一部内容を変更して実施されました。

社長あいさつの後、鏡開きでスタート!
s-DSC00049.jpg
毎回、社長と一番最初に並ばれた一般の方の2名で実施しています。

振る舞い酒!
s-DSC00051.jpg
今回は樽が小さかったため、約10分で無くなってしまいました・・。

会場内では有料で試飲を楽しむことができます。(80ml・200円~(税込))
s-DSC00052.jpg
蔵開き限定酒も多数あります。(↑クリックで拡大できます)

屋台で肴も購入することができます。
s-DSC00063.jpg
酒や肴を運ぶトレイは、麹蓋(こうじぶた)を再利用しているのでしょう。

屋台では万願寺とうがらしの詰め放題も!(300円(税込))
s-DSC00072.jpg

蔵開き限定酒。
s-DSC00056.jpg
招德 純米大吟醸 無濾過生原酒 祝50 蔵開き限定酒
<データー>純米大吟醸生原酒、祝、精米歩合50%、アルコール分17度

同じく、蔵開き限定酒。
s-DSC00057.jpg
招德 特別純米 無濾過生原酒 生酛 蔵開き限定酒
<データー>特別純米生原酒、精米歩合75%、アルコール分15度

仕込水は会場内に多数置いています。
s-DSC00076.jpg

仕込水をこまめに飲んで休憩。
s-DSC00075.jpg

その2に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)