FC2ブログ

大阪天満宮(おおさかてんまんぐう) 前半

大阪市北区の大阪天満宮へ行ってきました。

P9120403_convert_20131001211613.jpg
901年、菅原道真が大宰府へ左遷される際にこの地の大将軍社へ参詣しました。

道真が没後、949年に大将軍社の前に7本の松が生え霊光を放ったため、村上天皇の勅願で天満宮を建立します。
P9120405_convert_20131003075711.jpg
表門(大門)の十二支方位盤です。酉の部分が鳳凰になっています。道真が大宰府に向かう途中、河内道明寺で叔母を訪ね、夜を明かして別れを惜しみますが、鶏の声に出立を促されます。このことから鶏や鶏卵をお供えに用いていないそうです。

表門を入ると左手に車宿があります。牛舎や人力車を停めたそうです。
P9120407_convert_20131003075909.jpg

車宿の横に菰樽があります!灘五郷の酒が多いです。
P9120408_convert_20131003080009.jpg
一等國(いっとうこく)」は大阪府泉南郡の「酒工房はら」が復刻して販売しています。

拝殿です。
P9120416_convert_20131001213335.jpg
拝殿から奥に幣殿、本殿とつながります。

拝殿と本殿の間に、東西どちらにも登龍門があります。
P9120434_convert_20131001213537.jpg
唐門の両側には、鯉に龍の図柄の金燈龍があります。

本殿です。主祭神は菅原道真です。
P9120420_convert_20131003102039.jpg
1837年に大塩平八郎の乱で焼失し1843年再建です。

本殿の東にある参集殿です。
P9120469_convert_20131003082124.jpg
1911年建立で、内部は大広間を備えた書院造になっています。

本殿をはさんで反対側に、明治時代に葺かれた参集殿鬼瓦が展示されています。
P9120432_convert_20131003080800.jpg

645年創建された大将軍社です。
P9120427_convert_20131003080525.jpg
南森町の地名は、大将軍社の森とよばれ鬱蒼とした樹木に覆われていたことに由来します。

大将軍社の隣にある神明社です。
P9120428_convert_20131003080617.jpg

神明社の隣にある蛭児遷殿(えびすでん)です。
P9120430_convert_20131003080655.jpg

本殿北側にある十二社です。
P9120423_convert_20131003080411.jpg


後半へ続きます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)