FC2ブログ

大物主(おおものぬし)神社

兵庫県尼崎市の大物主神社へ、行ってきました。

s-DSC07394.jpg
創建の詳細は不明ですが、鴨部祝(かもべのはふり)が祖神・大物主をまつる社を建てたのが始まりと伝わっています。その後、1159年に平清盛が、厳島(いつくしま)神社(広島県廿日市市)から市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を合祀しています。

鳥居を入ると右手に手水鉢があります。
s-DSC07396.jpg

鳥居から見た境内の様子です。
s-DSC07397.jpg
参道途中には「万んどいし」があります。百度ではなく万度おまいりするようです・・。

参道正面にある拝殿です。
s-DSC07402.jpg

拝殿の奥には、幣殿(へいでん)・本殿が続きます。
s-DSC07408.jpg
祭神は、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)と市杵島姫命です。

拝殿に向かって左手に「義経弁慶隠家跡」の石碑があります。
s-DSC07406.jpg
1185年に源頼朝から追悼される源義経・弁慶の主従が船出するため、近隣の長屋に隠れ住んでいたといわれています。

鳥居を入って左手にある「汁醤油発祥之地」の石碑です。
s-DSC07399.jpg
汁醤油というのは生醤油のようで、阪神淡路大震災までは、近隣に醤油蔵が残っていたそうです。

拝殿に向かって右手にある社務所です。
s-DSC07409.jpg

<大物主神社(おおものぬしじんじゃ)>兵庫県尼崎市大物町2-7-6
阪神大物(だいもつ)駅から徒歩約2分


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)