FC2ブログ

鴉宮(からすのみや) 前編

大阪市此花区の鴉宮へ、行ってきました。

s-DSC07637.jpg
1215年に村と港の繁栄を願い傳母頭(もりす)神社として創建しています。1592年に豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に渡航の安全を祈願したところ、社殿の奥の森から三足の鴉(八咫烏(やたがらす))が現れ航海安全などのお告げをし軍船の前後を飛んで船を守ったといわれ、平穏に帰った秀吉が鴉宮の名を贈ったと伝わっています。

鳥居脇にある由緒書きの上部には八咫烏が描かれています。
s-DSC07639.jpg

鳥居を入って右手に手水舎があります。
s-DSC07640.jpg

参道を右手に折れて進むと注連柱があり、拝殿に続きます。
s-DSC07647.jpg

別の角度から見た拝殿です。
s-DSC07664.jpg
1931年再建で、国の登録有形文化財になっています。

拝殿からは船の先が出ています!
s-DSC07648.jpg

拝殿の奥には、中門・本殿と続きます。
s-DSC07659.jpg
中門・透塀・本殿は1931年再建で国の登録有形文化財です。祭神は、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)・住吉大神・恵比須大神・市杵島比売大神(いちきしまひめのおおかみ)です。

拝殿に向かって右手には境内社が並んでいます。
s-DSC07663.jpg

拝殿に向かって右隣にある末社相殿社です。
s-DSC07650.jpg

末社相殿社です。
s-DSC07651.jpg
船玉大神・松尾大神・猿田彦大神・菅原道真・軻遇突智大神(かぐつちのおおかみ)・少彦名大神・水神をまつっています。

後編に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)