FC2ブログ

酒蔵訪問 今西清兵衛商店(いまにしせいべえしょうてん) 前編

奈良市の今西清兵衛商店へ、行ってきました。

s-DSC06959.jpg
1884年創業で、代表銘柄は、「春鹿(はるしか)」です。今西家は代々、春日大社(奈良市)の神官として仕えていて、明治の神仏分離令以降に酒造業に転じたそうです。「春鹿」は春日大社の神が鹿に乗ってきたという伝承から「春日神鹿(かすがしんろく)」と命名され、後に「春鹿」と改称されています。

事務所棟で、ショップを併設しています。
s-DSC06960.jpg
普段は一般の蔵見学は行われていませんが、毎年2月の土・日に予約制で蔵見学会が行われています。また、毎年9月に「酒蔵まつり」が行われ、蔵の一部を見学することができます。

軒先に掲げられている看板です。
s-DSC06961.jpg
「南都諸白(なんともろはく)春鹿醸造元」と書かれています。南都諸白は平安時代から室町時代にかけて上質な日本酒として名声を誇った僧坊酒(そうぼうしゅ、寺院で造る酒)のことで、諸白は麹米と掛米の両方に精白米を用いて醸す製法のことです。

玄関を入ると菰樽や商品が飾られています。
s-DSC06991.jpg

きき酒コーナーがあります。
s-DSC06983.jpg
猪口(500円(税込))を購入すると、きき酒をすることできます。

きき酒お品書きです。
s-DSC06964.jpg
5種類の酒を試飲することができます。内容は定期的に変わります。

1種類目。
s-DSC06963.jpg
春鹿 令和 純米大吟醸無濾過生原酒
<データー>純米大吟醸生原酒、五百万石、精米歩合50%、アルコール分18度

2種類目。
s-DSC06966.jpg
春鹿 超辛口 純米吟醸生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、五百万石、精米歩合60%、アルコール分18度

後編に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)