FC2ブログ

長龍(ちょうりょう)酒造 2019年 露葉風(つゆばかぜ)を楽しむ会~田植え編~ 前編

奈良県北葛城郡広陵町の長龍酒造で「2019年 露葉風を楽しむ会 田植え編」が開催され、行ってきました。

s-DSC06793.jpg
長龍酒造は、1923年に飯田酒造場(奈良県天理市飯田本店、2015年廃業)より独立し、大阪府八尾市に酒の小売店を開業、1963年に長龍酒造を設立しています。1979年に広陵酒造を設立し広陵蔵で醸造を開始した後、1993年に合併、2008年に本社を広陵町に移転しています。写真は広陵蔵です。

広陵蔵の入口です。
s-DSC06808.jpg

入口脇に置かれている菰樽です。
s-DSC06796.jpg
代表銘柄は、「「長龍」・「ふた穂(ふたほ)」・「稲の国の稲の酒」です。

広陵蔵の入口を入るとショップ「蔵の店」があります。
s-DSC06807.jpg
写真右奥の扉を開けると蔵へ続きます。事前予約すると蔵見学も可能です。また11月の第2日曜日には蔵開きが開催され、蔵見学会が行われています。

たくさんの商品を並べて販売しています。
s-DSC06798.jpg

猪口や塗り枡、グラス、Tシャツなどのグッズも販売しています。
s-DSC06801.jpg

敷地内には稲荷大神もまつられています。
s-DSC06803.jpg

受付で頂いた資料です。
s-DSC06797.jpg
「田植え編」のほかに、「稲刈り編」、「利き酒編」が開催されています。

バスが到着して、田圃に向かいます。
s-DSC06806.jpg
田圃は奈良県山辺郡山添村にあります。

休憩を取りながら、約1時間で田圃に到着!
s-DSC06810.jpg

後編に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)