FC2ブログ

平将門の首塚(たいらのまさかどのくびづか)

東京都千代田区の平将門の首塚(将門塚)へ、行ってきました。

s-DSC01911.jpg
平将門は、桓武天皇の孫・高望王(たかもちおう)の三男・平良将(たいらのよしまさ)の子で、935年に平氏一族の抗争がおこり、939年に常陸・下野・上野の国府を占領、関東を支配下にし新皇と名乗りますが、940年に平貞盛・藤原秀郷らに討たれます。(平将門の乱=天慶(てんぎょう)の乱)

敷地に入る石段正面から見た様子です。
s-DSC01912.jpg
隣接地で工事が行われ、工事の粉塵や落下物が落ちて影響が出ないように周囲を鉄骨造りの防護屋根で覆われています。再開発のため、何度か首塚を撤去されそうになりますが、施工主や工事関係者が事故や病気になり「将門の祟り」と噂されています。

石段を上がって見た敷地の様子です。
s-DSC01908.jpg
戦前に、大蔵省の仮庁舎を建設しようとした際には官僚や工事関係者が続々と不審死を遂げた、GHQが首塚を撤去しようとしたが、重機が横転して運転手が死亡したなどで、いずれも工事が中止になったそうです。

石段を上がって正面にある「故蹟保存碑」です。
s-DSC01909.jpg
1906~1908年に大蔵大臣を務めた阪谷芳郎(さかたによしろう)が史跡保存の必要性を告示するため1906年に建立したものです。

「故蹟保存碑」に向かって右手に平将門の首塚があります。
s-DSC01910.jpg
平将門が討たれ、首は平安京へ送られ都大路で晒されますが、3日目に空高く舞い上がり故郷に向けて飛んで行き、数か所に落ちたとされています。その1か所がこの地で、村人が恐怖し塚を築いて埋葬したといわれています。

平将門の首塚です。
s-DSC01903.jpg
1307年に時宗の僧・他阿(たあ=真教)が板石塔婆を建てて日輪寺(江戸時代に移転、現東京都台東区)に供養し、さらに傍らの神田明神(神田神宮、東京都千代田区)に霊を合わせまつったことから将門の霊魂が鎮まり、この地の守護神になったといわれています。こちらも、近隣の工事が終了するまでは強化ガラスで覆われているようです。

<平将門の首塚(たいらのまさかどのくびづか)>東京都千代田区大手町1-2-1
東京メトロ・都営地下鉄大手町駅C5出口すぐ


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)