FC2ブログ

皇居東御苑(こうきょひがしぎょえん) 後編

東京都千代田区の皇居東御苑の続きです。

s-DSC01963.jpg
大手中の門跡です。

大手中の門を入ると右手にある大番所(おおばんしょ)です。
s-DSC01965.jpg
警備詰所で、位の高い与力や同心が詰めていたそうです。

大番所から進むと中雀門(7ちゅうじゃくもん)跡があります。
s-DSC01966.jpg
大手口からの登城ルートで、本丸に至る最後のの門です。

江戸城本丸跡です。
s-DSC01968.jpg
南から本丸表御殿、本丸中奥(なかおく)、本丸大奥の3区域があり、その奥に天守があったようです。現在は芝生になっています。

天守台のみが残っています。
s-DSC01972.jpg
江戸城天守は徳川家康の1606年、秀忠の1622年、家光の1638年と3度建て替えられていますが、1657年の明暦の大火で焼失した後は天守台石垣が築き直されただけで再建されることはありませんでした。

本丸東にある展望台からの様子です。
s-DSC01970.jpg
本丸東側で現存している白鳥濠で、、一般公開されている範囲で家康時代の石垣が見られる唯一の場所だそうです。

本丸西側にある茶畑です。
s-DSC01973.jpg
他に果樹古品種園、バラ園、ツバキ園などがあります。

茶畑の南にある松之大廊下(まつのおおろうか)跡の石碑です。
s-DSC01974.jpg
本丸御殿の大広間から将軍と対面する白書院へ続く廊下で、廊下に沿った襖に松と千鳥の絵が描かれていたことから名付けられたそうです。忠臣蔵の刃傷事件で吉良上野介が斬りつけられた廊下です。

松之大廊下跡から南へ進むと富士見櫓があります。
s-DSC01977.jpg
本丸地区に現存する唯一の櫓です。

<皇居東御苑(こうきょひがしぎょえん)>東京都千代田区千代田1-1
宮内庁 皇居東御苑参観のページ
東京メトロ・都営地下鉄大手町駅C13a出口から徒歩約5分


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)